高知の日本酒はキレ味が魅力的!料理にも合うおすすめ逸品8選

高知 日本酒

高知といえば、自ら「鯨海酔侯」と号した幕末の土佐藩主・山内容堂を筆頭に、歴史的にも酒豪の多い土地柄として知られています。

そして「都道府県別飲酒費用ランキング」では、他の都道府県を大きく引き離して第1位に輝くなど、高知県民の生活文化において日本酒は欠かせない存在となっています。

また、高知の食文化を代表する「皿鉢(さわち)料理」は、皿鉢と呼ばれる大皿に海の幸と山の幸をふんだんに盛り合わせる豪快な料理です。

これはいざ酒宴が始まったら料理や給仕の手間を極力省き、心ゆくまで酒の献杯と返杯の応酬を繰り広げようという、高知県民ならではの工夫が盛り込まれているとのことです。

今回の記事では、そんな高知のおすすめ日本酒を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

高知の日本酒は雑味が少なく、キレのよい「淡麗辛口」タイプ

高知には大小18の蔵が互いの技を競いあっていますが、高知県酒造組合では県の工業技術センターに依頼し、全蔵で造りのデータを共有して高知の日本酒全体のレベルアップを図っています。

県全体でここまで徹底して取り組んでいるエリアは他になく、日本酒業界では「高知方式」と呼ばれ注目を集めています。

そんな高知の日本酒の特徴をひと言でいえば、「きれいな酸があって雑味は少なく、キレのいい淡麗辛口タイプ」という表現になります。

ただし甘みが少ない酒でありながらも、輪郭のハッキリしたフレッシュな味わいとふくらみ、旨みもあって、なおかつあと味のキレがいいため、飲み飽きることなく何杯でも飲み続けられる酒となっています。

このような特徴を持つ高知の日本酒は、料理といっしょに楽しんだ時にこそ真価を発揮します。特に地元でとれる新鮮な海の幸、山の幸が豊富に盛られる和食には最適で、食材の良さを出汁のように支えてその旨さを存分に引き出してくれます。

【メジャー】高知の日本酒を代表する全国でも有名な蔵元の酒3選

それではまず最初に、全国でも名の通ったメジャークラスの高知の日本酒を3つご紹介しましょう。

高知の日本酒①「船中八策 超辛口・純米酒」

明治維新のスーパースター坂本龍馬が、新政府のあり方について船中で考えた八ヶ条の策に由来する超辛口の純米酒です。上品で自然な香りとふくらみのある味わい、そして抜群のキレのよさを特徴としています。

冷やでも常温でもキリッとして旨いのですが、日経新聞「何でもランキング・お燗酒コンテスト」では2位に輝き(2015年秋)、食中酒として無類の完成度を証明しました。

坂本龍馬と縁の深い蔵元としても知られる司牡丹酒造は大正7年(1918)の設立ですが、山内一豊に伴って土佐に入国した首席家老・深尾和泉守重良に従ってきた「御酒屋」がルーツとされています。

詳細ページ

高知の日本酒②「土佐鶴酒造 辛口吟醸 大吉祥」

華やかな吟醸の香りとスッキリした味わいが特徴の日本酒で、喉ごしはとてもサラっとしており、辛口が主流の高知の日本酒にあってひときわ辛口の造りとなっています。

新鮮な寿司やお刺身、とりわけ土佐名物カツオのタタキとの相性は抜群です。ちなみにラベルの文字は、蔵元と親交が深かった世界的な書家・手島右卿氏によるものです。

蔵元の土佐鶴酒造は江戸時代の安永年間(1773)創業。酒銘は土佐日記の中で詠まれた「吉兆鶴(きっちょうづる)」に由来しています。

平成29年度の全国新酒鑑評会では、全国最多となる通算44回目となる金賞を受賞するなど、全国屈指の実力蔵としてその名をとどろかせています。

詳細ページ

高知の日本酒③「酔鯨 吟麗純米吟醸」

グラスに注ぐとフレッシュな柑橘系の香りが立ち上り、口にふくむと独特の旨みと引きしまった切れ味が楽しめる、酸味と旨みのバランスが絶妙な飲みやすい純米吟醸です。あと味に残るかすかな苦味が料理を引き立てます。

蔵元は高知市内で明治5年(1872)から酒造りを行っている酔鯨酒造。酒をこよなく愛した幕末の土佐藩主、山内容堂公の雅号「鯨海酔侯」にちなんで命名されました。

国内をはじめニューヨーク、パリ、ベルリンなど、世界の主要都市でコミュニティイベント「酔鯨E.S.L会(Enjoy SAKE Life)」を開催するなど、対外的な日本酒文化の発信にも積極的な蔵元です。



高知 日本酒