こけしとは一体何なのか?由来や起源、種類などもかんたん紹介

こけし

日本だけでなく海外の人達にも人気がある「こけし」、さらに「こけし女子」などといわれる若い女の子たちもいるようですが、いったい「こけし」とはなんのために、いつ頃から作られたのかご存知でしょうか。

今回の記事では、そのような「こけし」について由来や種類など解説します、こけしの時代背景や種類などを参考に実物を手に取ってこけしの魅力を発見してください。

1.こけしとは何なのか?

東北のお土産店や東北の温泉宿泊施設などで販売されているこけしとは、木を回転させ特殊なかんなで円筒状に削り胴体とし、球形の頭をつけ女の子の顔を描いた手足のない木製の人形です。

胴体のくびれや模様、髪の毛や顔の表情などでこけしの産地による特徴があり、詳しい人はこけしを見て、どこで作られたこけしかがわかります。

今では、こけしの種類も増え全国各地の土産物店でも販売され、一般的なこけしの高さは10センチから50センチ位、太さも3センチから10センチ位で平均価格は2,000円くらいですが工人によっても価格が違います。

また若い女性もこけし祭りやコンクールなどに大勢訪れるようになり、また通販などで室内のインテリア商品の一つとして購入する人も増えています。

さらに海外からの観光客も日本の伝統的な土産品として、また海外の土産物店などで可愛い置物として購入されている木工の人形です。

2.こけしの由来や起源はいろいろ

こけしは仏教の伝来や木製の仏像に由来するとか。

江戸幕府が桃の節句として女の子の節句を定め、財力のある商人達は絢爛豪華なひな人形を誂えるようになったことに対し、江戸時代末期に町職人の他、足軽や下級武士が生活のために内職としてこけしを作り城下町で売り、庶民も手軽にひな人形として飾るようになったともいわれています。

また、木地師が山の神信仰をもとにして作ったとか。

山間部で冬の仕事がないときにミズキやケヤキ、木目が美しい栗材や桜などの木材を使って作り、赤ん坊や幼児が握りやすい太さでおしゃぶりやおもちゃとして与えたなど起源や由来はいろいろあります。

3.こけしは大きく2種類に分けられる

こけしと言っても種類があり製作年代や製作方法などにより「伝統こけし」と「新型こけし・創作こけし」の2種類に大きく分けられ、伝統こけしには復元こけしというのも含まれます。

こけしの種類①「伝統こけし」

伝統こけしとはこけしが最初に作られた時の様式に従って作られるこけしのことを指します。

作られる産地や形式、また伝承経緯などによりさらに鳴子系や遠刈田系などいくつかの系統に分類され制作技法は師弟間に伝承されつくられたこけしです。

作り方としては頭と胴を一体の木で作る方法、頭と胴が別々で頭部の穴に胴をはめる方法などがあります。

伝統こけしが東北地方で作られる民芸品、美術品として評価されるようになり、製作年代や作者によっては骨董として高値で売買されるものもあります。

また、伝統こけし愛好者などが古い様式を望み、その作者のこけしの型を復元させた、復元こけしと呼んでいるこけしもあります。

こけしの種類②「新型こけし・創作こけし」

新型こけし・創作こけしとは京都や群馬などで形や彩色、モチーフなどが違うこけしやこけし風人形など作者の自由な発想により彫りこみました。

焼き込み等の技法を織り込んだ技法やいろいろな技法を組み合わせて作られ、手足がついたこけしや、アニメ等にちなんだキャラクターこけしなどがあります。

4.宮城がこけしで有名なのはなぜ?

宮城がこけしで有名なのは、宮城県内の鳴子や作並、秋保や遠刈田、青根など各地に古くから有名な温泉があります。

お百姓さんたちは春から冬直前まで長く田や畑で農作業をし、その疲れを癒すための楽しみに布団や米・食料を持参し温泉に長期間宿泊する習慣がこけしを広めたといわれています。

こけしにはそれぞれに違った表情や作り、価格や大きさも手ごろ、長く飾っておけるなどからどんどん広がっています。

毎年宮城の温泉地を変えながら各地のこけし集め、自宅用としてだけでなく、知人などへの土産として贈ったことなどからどんどん広がりができ宮城がこけしで有名になっています。

5.最後に

こけしの良さは作っている土地を訪ねて、雰囲気を感じ、製作現場を見学し、工人と話をし、そして直接手に取り気に入ったこけしを見つけていただきたいです。

現地に行く時間がない人は全国で開催されるこけし祭りやコンクールなどに出かけ楽しむこともできます。

こけしを購入するにも、直感的な購入やこけしの由来や工法の違い、美しい木目の出し方など奥深いところもあり、知識を得て確認し納得して購入する方法もあります。

そのためにこけし祭りなどは製作地・工人名・新作など比較検討しながら楽しみ購入することができますのでおすすめです。

こけし