コッペパンの由来は?コッペパンが生まれてから現在に至るまで

コッペパン 由来

学校給食でおなじみ、素朴で懐かしい味のコッペパン。コッペパンは海外の発祥だと思っている人が多いかもしれませんが、実は日本独自のパンなのです。

でも、なぜコッペパンと呼ばれるようになったのか、正確には分かっていません。そこで、今回の記事では、コッペパンの由来について調べてみました。

コッペパンの由来は?コッペパンが生まれてから現在に至るまで

コッペパンの由来

江戸時代のパンは固かった

日本で最初にパンを焼いたのは、伊豆韮山の代官、江川太郎左衛門といわれています。

軍学者でもあった江川は、江戸幕府の依頼を受けて日本初のパン焼き窯を作り、戦時の携帯食にする目的で1942年4月12日に「兵糧パン」を焼きあげました。

全粒粉・砂糖・卵を使ったビスケットのような固いパンでした。明治時代、パンは「変わった食べ物」として余り普及していませんでした。

当時は冷蔵庫がなくて、生イースト(パン酵母)の保存が難しかったため、イーストを使わない固くて団子のような「鰹節パン」と俗称されるものが一般的だったからです。

コッペパンは日本生まれ

日本の製パン技術の普及に貢献したのは田辺玄平です。1901年(明治34年)に渡米して、アメリカのパン製造技術を学んだ田辺は、1913年(大正2年)に東京の下谷黒門町に食パン工場「丸十ぱん店」を創業しました。

そして、私財を投入して研究を重ね、ドライイーストを完成させたのです。

田辺が1919年(大正8年)に日本陸軍へ納入するために開発した、食パン生地を使ったふっくらしたパンが現在のコッペパンの原型とされています。

田辺からパン製法を学んだ弟子たちが日本各地でパン屋を開業し、大正以降の日本ではアメリカ式の柔らかいパンの普及が進みました。

そこで、2013年、丸十ぱん店創業100周年を記念して、毎月10日は丸十の「十」の字にちなんで「コッペパンの日」になりました。

「コッペパン」は和製語

コッペパンの名前の由来には、いくつもの説があります。

現在では、フランス語の「切られた」を意味する「coupé(クペ)」が訛って「コッペ」になり、ポルトガル語の「pão」と合成した和製外来語という説が有力です。

コッペパン 由来