【お菓子編】熊本のお土産特集!名物商品からご当地お菓子まで

熊本 お土産

日本三大名城の一つでもある熊本城を訪れた後、お土産はどうしようと考えていませんでしょうか。雄大な阿蘇を有し酪農が盛んな熊本県では、新鮮な乳製品を使った美味しいお菓子がたくさんあります。

また、名産のサツマイモや果物を使ったもの、熊本城を築いた戦国武将加藤清正に関連するお菓子も多く見られます。今回の記事では、熊本のお菓子の中から厳選して15選をご紹介します。

1.これぞ名物お菓子!間違いない熊本のお土産5選

熊本の名物お菓子①「黒糖ドーナツ棒」

フジバンビの「黒糖ドーナツ棒」は、外はサクサク、中はしっとりのスティック状の揚げドーナツです。黒糖を使っているので、袋を開けた時に黒糖の深い香りが感じられ食欲をそそります。

揚げてあるのに不思議と油っこさは感じません。パッケージはリラックマやサッカーチームとコラボしたものもありますが、くまモンバージョンは熊本らしさ満点でおすすめです。

価格3本箱×6個 780円 16本 756円

詳細ページ

熊本の名物お菓子②「誉の陣太鼓」

「誉の陣太鼓」は、数々の賞を受賞している熊本を代表する銘菓です。ふっくらと炊きあげられた大納言あずきの中には、もちもちの求肥が包まれています。手に取るとずっしりとしていて、食べ応えもあります。

小豆の上品な甘みと柔らかな求肥がどの世代にも喜ばれる一品です。賞味期限が60日あるので、すぐには会えない方へのお土産にも向いています。

価格 8個1270円 12個1920円

詳細ページ

熊本の名物お菓子③「朝鮮飴」

「朝鮮飴」は飴という名前がついていますが、原料はもち米、水あめ、砂糖で、餅か求肥のような食感です。

製法が伝わったのは1200年以上前と言われていますが、豊臣秀吉の時代の朝鮮出兵の折に陣中で食されていたことから「朝鮮飴」と呼ばれるようになったそうです。

熊本ではいくつかの店が「朝鮮飴」を製造しており、中に柿を挟んだものなど色々なバリエーションがあるので、お好みのものを探してみてください。

価格 200g378円 500g1080円

詳細ページ

熊本の名物お菓子④「武者がえし」

菓子処「香梅」が製造する「武者がえし」は、敵の武者を寄せ付けないという熊本城の石垣にちなんで名づけられました。このお菓子は100層にも折り畳んだパイ生地の中に、皮を取り除いたあずき餡が入っています。

バターが香る生地と、甘さ控えめで紫がかった餡の和洋のコラボが絶妙のおいしさを醸し出しています。日持ちは20日間と長めなのでお土産に重宝です。

価格 8個1110円 12個1630円

詳細ページ

熊本の名物お菓子⑤「一五九二(ひごくに)」

「一五九二」と書いて「ひごくに」、つまり熊本を表す「肥後国」と名付けられたお菓子は、古今堂が製造している生チーズ饅頭です。熊本県産の原料にこだわって作られており、しっとりなめらかな口当たりです。

使われている牛乳は阿蘇のブランド牛乳の「ASO MILK」で、毎日早朝に届けられ、新鮮なうちに加工されるそうです。生饅頭でありながら30日間フレッシュな美味しさを味わうことができます。

価格 6個907円 9個1361円

詳細ページ

2.ご当地お土産!熊本を訪れたからこそ買いたいお菓子5選

熊本のご当地お土産お菓子①「熊本復興物語」

中身はしっとりタイプの饅頭で、餡は白餡に紫芋を練り込んだものです。パッケージのカッコイイ武将はもちろん熊本ゆかりの加藤清正、「北斗の拳」や「花の慶次」で知られる原哲夫さんのイラストです。

パッケージだけでも話題が満点の一品です。

価格 10個入り 1296円

詳細ページ

熊本のご当地お土産お菓子②「阿蘇の草原とぶ牛クッキー」

「阿蘇の草原とぶ牛クッキー」は阿部牧場の牛乳をたっぷりと使ったクッキーです。卵を使用していないので、アレルギーの人にも安心です。親牛バージョンと子牛バージョンがあり、どれ一つとして同じ模様のものはありません。

親牛だけのもの、子牛だけの瓶入りのもの、親子組み合わせたものの3つのタイプがあるので、お好みで選べます。

阿蘇の寒さを避けるために赤いマフラーを巻き、元気に飛び回るユニークな牛がパッケージに描かれています。

価格 1100円

詳細ページ

熊本のご当地お土産お菓子③「杖立プリン」

「杖立プリン」は、杖立温泉の蒸気を使って作られるプリンで、温泉内のそれぞれの店やホテルが個性豊かな商品を開発しています。

一例をあげると「ほうじ茶プリン」「ティラミス風チーズプリン」中華菓子の素材を使った「楊貴妃プリン」などです。

湯めぐりをしながらプリンの食べ歩きを楽しみ、お気に入りを見つけたらお土産に購入してはいかがでしょうか。

熊本 お土産