京都らしさが溢れる貴族の別荘地!嵐山おすすめ観光スポット7選

嵐山

京都の嵐山について、おすすめ観光スポットや歴史、見どころポイントについて知りたいと考えていませんでしょうか。京都にある嵐山は1000年以上も前から、京都に住む貴族たちの別荘が並ぶ景勝地です。

観光地化された京都中心部と比べて、当時の面影をいまなお強く残しています。今回の記事では、かつて京の貴族たちがこよなく愛した嵐山の歴史やおすすめ観光スポットを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.嵐山の見どころポイントや観光スポット7選

1-1 嵐山の観光スポット①「シンボルである渡月橋」

嵐電嵐山駅の改札口をくぐって左手に進むと、やがて目の前の大きな川にかかる長い長い橋が見えてきます。かつて多くの詩人が歌に詠んだ京都のシンボルである渡月橋です。

渡月橋の向こう側に見える山々が背景となり、景観を形作っている一枚の絵のように美しいのが特徴です。渡月橋はひたすら水平の一線をなしており、橋であることの消しきったほどにひかえめな印象を受けます。

また、どこから見ても、景観のなかでは低めの位置に渡月橋の一線があり、この位置が黄金分割になっているように感じます。

昔の天皇が橋の上空を移動していく月を眺めて「月が橋を渡っているようだ」と感想を述べたことがあるそうです。

1-2 嵐山の観光スポット②「渡月橋北側にある保津川沿い散策」

嵐山で見るべきポイントは、自然の美しさです。駅の方向にはたくさんの店が並ぶ賑やかな通りが見えてきますが、ここは川沿いに左の道へ進みましょう。

まずは、川沿いに山を眺めながら散策しよう道を進んでいくと、京都が山に囲まれた盆地だということがよく分かります。川とは逆の方向、右手奥の方にひときわ大きい山が見えてくる。

比叡山とともに、京都を代表する山の一つ愛宕山です。あの山には火の神がいて古代より人々の信仰を集めており、頂上には愛宕神社があり、ここに参拝すると火の災いから守られるといいます。

1-3 嵐山の観光スポット③「京料理を味わえる松籟庵」

松籟庵は、ひっそりとたたずむ隠れ家のようなお店であり、嵐山で一流の京料理を提供しています。築100年以上の屋敷が自然に囲まれた巨大な一枚岩に張り付いており、この見事な匠の建築を見学するために、実は世界中から建築家が視察に訪れているそうです。

崖から見下ろす保津川という最高のロケーションに、オーナーが自ら提供する京料理はローマ法王に献上したこともあるそうです。そんな本物の京料理をランチであれば3800円で食べることができます。

ただし、ここは大人のためだけの店なので、子供連れだと入ることができません。最高の景観と一流の京料理を味わいたいなら松籟庵がおすすめです。

小さな間口を通り、部屋に案内され席に着くとガラス越しに見える、川と緑はまさしくかつての貴族たちが愛した景色を実体験できます。

1-4 嵐山の観光スポット④「大河内山荘庭園」

松籟庵を出て、嵐山公園を北に抜けると大河内山荘庭園の入り口にたどり着きます。ひっそりと佇む一軒の家があるのですが、この少し地味な門の向こうに素晴らしい庭があることを知らずに通り過ぎる人も多いです。

大河内山荘庭園は、まさに嵐山の隠れた名庭です。入口で入館料1000円を払うと、抹茶とお菓子のチケットが付いてきます。園内に足を踏み入れると、順路が示されているので、看板の矢印にしたがって進めば迷うことはないでしょう。

また、休憩所でチケットを抹茶とお菓子に交換してくれます。最後に戻ってくることもできますので、美しい庭園を堪能してからでも良いでしょう。

嵐山