【厳選】京都の日本酒の特徴とテーマ別でおすすめの逸品9選

京都 日本酒

京都の美味しい日本酒を知りたいなと考えていませんでしょうか。京都は、全国2位の日本酒の生産量を誇る国内有数の酒どころです。

京都には、酒造りの神様をまつる「日本三大酒神神社」のうちの二つ(松尾神社・梅宮神社)が京都にあり、平安期には造酒司(みきのつかさ)という酒造り担当の役所が宮中に置かれるほど、長い酒造りの歴史があります。

京都の酒は、京丹後・宮津・福知山・京都丹波・洛中・山城をはじめ各地で造られてきましたが、とりわけ美酒の産地として有名なのが、京都の南の玄関口である伏見です。

今回の記事では、そんな京都のおすすめ日本酒を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

伏見の日本酒「女酒」はきめ細かな口当たりと芳醇な甘さが特徴

伏見は豊臣秀吉の伏見城築城をきっかけに酒造りが盛んになり、江戸時代には水陸交通の中心として発展し、明治中期から大正時代にかけて日本有数の酒どころとなりました。

今まで20を超える蔵元がそれぞれの技を競いあっています。酒造り工程の見学やきき酒が楽しめる酒蔵も多く、大人の休日を楽しむのにはピッタリの観光地です。

そんな伏見の日本酒造りを古くから支えているのが、伏水(ふしみず)と呼ばれている質の良いわき水です。

ミネラル分をバランスよく含んだ中硬水の伏水で造られたお酒は、きめ細かな口当たりとほんのりとした甘さが特徴で、デリケートで雅びやかな京料理との相性もバッチリです。

そのまろやかでソフトな味わいから、伏見の日本酒は「女酒」と呼ばれています。その反対で、「男酒」と呼ばれているのが灘の酒。ミネラル分の多い「宮水」で仕込んだ切れ味のよい辛口が特徴となっています。

伏見の「女酒」を代表する日本酒!おすすめ純米吟醸3選

それではまず、伏見の「女酒」の中でも比較的手に入りやすく、かつコストパフォーマンスにもすぐれた純米吟醸酒をご紹介しましょう。

京都の純米吟醸①「桃の滴 純米吟醸」

俳聖・松尾芭蕉が京で遊んだときに詠んだ、「我(わが)衣に ふしみの桃の雫せよ」という句にちなんで名づけられた京都の日本酒です。

優しい果実香とおだやかな口当たり、ほのかにまったり感のある味わいは、まさに白桃のしずくといった感じです。

蔵元の松本酒造は寛政3年(1791)創業の歴史ある蔵。「桃の滴」のほかに「日出盛」という人気ブランドを持っています。

高瀬川沿いに建つ八角形のレンガ煙突が印象的な、美しい蔵の建物は、京都市から「歴史的意匠建造物」と「重要景観建造物」に、また文化庁からは「登録有形文化財」にそれぞれ指定されています。

桃の滴の紹介ページ

京都の純米吟醸②「英勲 純米吟醸」

グラスにそそぐとフルーティーな香りがただよい、キリッとした口当たりの中にもふくらみを感じる、飲みごたえある京都の日本酒です。

「京都のみで生産され、京都の酒蔵だけが使用を許され、一切食用にもならない」という特殊なルールのもとで栽培されている、京都産の酒造好適米・祝(いわい)の特性を引き出した上品な味わいです。

蔵元の斎藤酒造は、明治28年(1895)の創業時は「柳正宗」「大鷹」などのブランドを使っていましたが、大正天皇の御大典を記念して「英勲」になったとのことです。

「淡麗優雅(たんれいゆうが)」を理想にかかげ、全国新酒鑑評会ではなんと14年連続金賞に輝いています(歴代1位)。

英勲 純米吟醸の紹介ページ

京都の純米吟醸③「玉乃光 純米吟醸 凛然山田錦」

おだやかな吟醸の香りとともに、天然の酸味とうまみのバランスが取れた、スッキリとして飲み飽きない味の京都の日本酒です。

蔵元の玉乃光酒造は、延宝元年(1673)に紀州和歌山城下で創業です。戦時下の和歌山大空襲で蔵屋敷が焼けてしまったあと、昭和27年(1952)に伏見で再起をはかりました。

そして1964年に業界に先がけて純米酒を復活させて以来、ひたすら純米酒のみを造り続けている蔵元として全国的に知られています。

玉乃光の紹介ページ



京都 日本酒