ラザニアとはどんな料理?材料や作り方、生地についても紹介

ラザニアとは

ラザニアとはピザと並んでチーズがふんだんに使われたイタリア料理です。

今回は、「ラザニアってどんな料理?」という疑問にお答えしながら、ラザニアの材料・作り方まで解説していきます。

本記事を読んでラザニアに対する理解を深めて、あっつあつのラザニアを楽しみましょう。

ラザニアとはどんな料理?

ラザニアとは、深さのある耐熱容器に、ベシャメルソース(ホワイトソース)やミートソース、ラザニアをミルフィーユ状に重ねた上にチーズを載せて、焼き色がつくようにオーブンで焼いたものです。

オーブンでミートソースとチーズがグツグツ焼かれて、あっつあつの湯気と共に口の中にほおばると、のびるチーズのもちもちとした食感、ミートソースのジューシーさなどがハーモニーを奏でます。

ラザニアは、チーズ好きには本当にたまらない料理の一つと言えるでしょう。

ラザニアに使われる材料とは?

ラザニアの材料として主なものは以下の4つです。

・ラザニア

・ベシャメルソース(ホワイトソース)

・ミートソース

・チーズ

ラザニアの材料①「ラザニア」

ラザニアの材料にはラザニアが必要です。

ラザニアの本来の意味は、ラザニアに入っている短冊状の大きなパスタの事で、使う場合はスパゲティのように所定の時間ゆでて使いやすいサイズにカットして使います。

ラザニアは材料名が料理名になっているちょっと変わった料理なのです。料理の場合はイタリア語で「オーブンで焼き上げたラザニア」という意味の言葉で呼ばれることもあります。

ラザニアの材料②「ベシャメルソース」

ベシャメルソースはみじん切りにした玉ねぎをバターで炒めて、小麦粉、牛乳を混ぜて煮込んだものです。味付けは塩コショウで。

焦げ付かないように、だまにならないようにかき混ぜることが美味しく作るコツと言えます。



ラザニアとは