イギリス旅行前に知りたい!ロンドンの治安に関する事前情報

イギリス 治安

ロンドン旅行をする前に治安情報を知りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。せっかくの海外旅行をするのであれば、安心して色々な場所を観光したいですよね。

今回の記事では、イギリスのロンドンに関する治安情報について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.ロンドンの治安情報「公共交通機関」

ロンドンの公共交通機関はとっても便利ですので、旅行中も是非どんどん活用したいです。ロンドン市内の移動でよく使うのは「TUBE(チューブ)」と呼ばれる地下鉄、ロンドンの代名詞「ダブルデッカー(二階建てバス)」、タクシー、ユーロスターやDRLやオーバーグラウンドなど鉄道などがあります。

TUBE(地下鉄)・鉄道の治安で気を付けたいこと

イギリス 治安 tube

ロンドンの観光地を回るのに、とても便利なのはTUBE(地下鉄)や鉄道電車です。特にTUBEは、観光をする時に非常に便利です。ロンドン市内でも、大きくわけて12本の地下鉄が走っていて、大体数分置き運行しています。

路線も、例えばピカデリー・ラインは青、ジュビリー・ラインは灰色など、色分けされています。各駅のホームに、行く方向の路線図があるので、自分が行きたい場所に行く電車が来るホームなのか確認することが出来ます。

ロンドンの治安に関して、特に「この路線は危ない!」とかは無いのですが、いつも気を付けている事もあります。やっぱり気を付けたいのは「スリ」。電車に乗る時は、リュックや鞄など、自分の体の前に持ってきて、後ろから盗られてしまう、という事がないようにしましょう。

2人以上で行動している場合は、お互いに向かい合って立る事で、お互いにお互いの荷物を監視することもできます。立ち位置も大事ですので、車両に乗ってすぐドアの横には立たないようにしています。

座る席がないと、ついつい立ってしまうこの「ドア横のスペース」は、実はスリやひったくが物を盗ってすぐに逃げられる恰好の場所なので、できる限り中に入りましょう。

混んできても大丈夫です。降りる時に「Excuse me(すみません)」と言いいながら進めば、スペースを空けてくれます。

また、席に座ると安心して寝てしまうことなどがありますが、イギリスではほとんどの人が電車の中で眠ることはありません。「安心しきって寝ているなんて、なんて無防備なの!?」と言われるくらいです。疲れていても、ここは頑張って我慢。休むのは、ホテルのベッドにしましょう。

ロンドンには、Night Tube(ナイト・チューブ)と呼ばれる深夜に利用出来る路線もあります。やっぱり時間が遅いと利用客も少なく、駅員もほとんどいません。出来れば利用は避けたいものです。

ロンドンのバスの治安で気を付けたいこと

イギリス 治安 バス

ロンドンのバスもとても便利です。最近は、ロンドンのバス路線を検索するアプリもあって、バスだけで移動すると実は「電車を使うよりも安い!」なんて事もあるので、ロンドンに住む人はバスだけで移動する人もいるくらいです。

ダブルデッカー(二階建てバス)は乗っているだけで車窓観光が出来るので、旅の思い出にもぴったりの移動手段。2階の1番前の席が空いていたらラッキー。特等席から、思う存分ロンドンの景色を楽しみましょう。

あまり座りたくないのは、2階の一番後ろの席。バスの中にも監視カメラはつけられていますが、何かあっても、やっぱりドライバーさんから遠いので、避けたいところです。

特に、夜遅くに乗るときは、1階席でドライバーの近くに座るなどして、あまり2階には行かないようにすることがおすすめです。

治安に関してですが、2階席に行く時は車内の階段に注意!結構急な階段なので、怪我をする人も少なくありません。

オイスター・カードについて

ロンドンのオイスター・カード(OYSTER CARD)は、地下鉄やバスで利用の出来る便利なプリペイド・カード。日本でいうsuicaやicocaのような便利なカードです。

事前にお金をいくらか入れておき、公共交通機関に乗る時に、改札口などにピッとカードを近づけることで、課金分で乗車する事ができます。

このオイスター・カード。金券なので、お財布の中に入れておいて、毎回お財布から取り出して使っている観光客をよく目に見ます。

実は、駅の券売機などの上に、プラスチックで出来たカードケースが置いてある事があります。これは、自由に取ってOK。

ロンドンに住む人々も、このカードケースに自分のオイスター・カードを入れて使っています。そうすれば、毎回、乗り物に乗るたびに財布からカードを取り出すなんて事をしなくて済みますし、出来れば外に出したくない財布を出す必要もなくなるので、とてもおすすめです。

ロンドンのタクシーの治安について

ロンドンのタクシーには、「ブラックキャブ」「ミニキャブ」など、色々な種類があります。観光土産のキーホルダーにもなるくらい、街中でもよく見かける「ブラックキャブ」。

厳しい試験に合格をした、ライセンス取得済みのドライバーのみが運転するタクシーです。ロンドン中の道が頭に入っているので、目的地までの最短距離で行けるルートを知っている彼らは、効率よく回るには一番良いかもしれません。

いわゆる「流しタクシー」が許可されているのもブラックキャブのみ。道でタクシーを拾う時は、タクシー乗り場に行くと、このブラックキャブに乗るようになります。

乗る前にドライバーへ目的地を伝え、OKを言われたら、自分でドアを開けて乗ります。降りるときも、日本のタクシーのように自動では空かないので、自分で空けましょう。

ブラックキャブよりも安価に乗れるのが「ミニキャブ」。大きく違うのは、完全事前予約制である事。事前に人数や目的地を伝え、予約する必要があります。

ミニキャブに乗るときは、ブラックキャブと同じく乗る前に自分が予約したタクシーなのか、目的地を確認。乗りこんだら、メーターがリセットされているか確認するようにしましょう。トラブル防止になります。

最近は、ブラックキャブやミニキャブの他に、アプリを使ったUberなどもあります。事前にメンバー登録し、アプリを使って拾ってもらいたい場所・目的地・人数を入力すると、料金とタクシーの到着時間・車種やナンバーが表示されます。

支払いも事前に登録しているクレジットカードから直接引き落とされるので、ドライバーと現金のやり取りがなく、料金も事前にわかっているので便利。



イギリス 治安