モルディブの旅行費用はいくら?各旅行会社の料金を徹底比較

モルディブ旅行費用

モルディブの旅行費用はどのくらいかかるのだろうと考えていませんでしょうか。新婚旅行でも人気のリゾート地であれば、すごく高いのではないかと思ってしまいますよね。

モルディブへは日本のどこからも直行便はないので、1回は乗り継ぎをして最低10時間のフライトが必要になり、たくさんの島が集まっているモルディブは1つの島に1つのリゾートが基本です。

必然的にリゾートの中で過ごすしかなく、施設内のショップやレストランを利用することになります。ですので、食事やドリンク代、基本的なマリンスポーツなどの参加費を全て宿泊費に含んだ「オールインクルーシブ」のシステムを設けているホテルが一般的です。

今回のそんなモルディブ旅行の費用について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

(2018年3月調べ)

1.旅行会社をチェック!モルディブ旅行3泊6日の費用を比較

モルディブ旅行の平均日数は6日間ですが、時差があることと、フライトの関係で行きと帰りの2泊分を機中泊というツアーが多かったので、現地での宿泊は3泊になります。

1-1 モルディブ旅行の費用、A社の場合(4月~10月)

成田発 246,000円~374,000円

(2人で492.000円~748,000円)

スリランカ航空会社利用で、乗り継ぎ1回。マーレ島水上コテージ宿泊でオールインクルーシブです。

このツアーには関空発や名古屋発、福岡発の選択もありますが、東京発に比べると、出発日により違いはあるものの、概して名古屋はやや安く、関空発と福岡発はやや高い場合が多いようです。延泊も可能です。

多くのリゾートでは6日間と7日間では料金がかわりませんが、滞在ホテルによっては1泊延泊するごとに10万円ほど高くなる場合もあります。

また、夕食1回グレードアップ、シャンパンサービスなどのハネムーナー用サービスを設けているホテルもあります。

1-2 モルディブ旅行の費用、B社の場合(3月~10月)

成田発 219,800円~279,800円

(2人で439,600円~559,600円)

スリランカ航空会社利用で、乗り継ぎ1回。往復ペアシート指定10000円増し。モルディブアイランドの水上ヴィラ宿泊です。

オールインクルーシブの他に、滞在中1回のサンセットクルーズ、シュノーケリングツアー付き。結婚して180日以下の新婚カップルには、ウェルカムドリンク、ビーチでの夕食、写真のサービス付き。

1-3 モルディブ旅行の費用、C社の場合(4月~10月)

成田発142,800円~276,800円

(2人で285,600円~553,600円)

スリランカ航空会社利用で乗り継ぎ1回。マーレ島の水上バンガローに宿泊。

朝食、夕食はツアー料金に込みですが、昼食は付いていません。空港税2,610円と現地税6,000円が含まれていないので、プラスで支払う必要があります。

1-4 モルディブ旅行の費用、D社の場合(4月~10月)

成田発 322,000円~438,000円

(2人で644000円~876000円)

スリランカ航空会社利用で、乗り継ぎ1回。水上ヴィラに宿泊でオールインクルーシブ。ツアー代金の中にスノーケリングとカヌー体験が各1回入っているほか、無制限でできるアクティビティもあります。

挙式から9か月以内の新婚カップルにはウェルカムカクテル、スパークリングワイン1本、サンセット、夕食1回グレードアップなどの特典が付きます。

モルディブ旅行ツアーの価格

ツアー料金が高いのはゴールデンウィークと7月後半から8月お盆過ぎの夏休み期間、年末年始になります。年末年始は7泊未満の宿泊を受け入れないリゾートも多くなるので注意が必要です。

現地7泊ということは往復で10日の日程が必要になってきます。逆に安いのはGW後から7月中旬にかけてと、あとは上記以外の5月から10月の雨季です。

2.モルディブ旅行の費用を節約するには

料金を安くあげる基本は、ツアー料金が安い時期を選ぶことです。少し時期をずらすだけで料金が大きく変わることもままあります。ホテルの部屋のグレードを下げることも有効です。

水上ヴィラでも過度な広さや設備のない部屋を選ぶ、水上ヴィラでなくビーチに建つ建物の部屋に泊まる、オーシャンビューを諦めるなどなど、許容範囲内で条件を緩和していくとかなりの料金節約になります。

モルディブ旅行は自分で航空券やホテルを手配するよりは、旅行会社のツアーを利用する方が安くて格段に楽です。ツアーといってもモルディブの場合はほとんど全て自由行動なので、個人旅行と同じ感覚です。

「オールインクルーシブ」でないツアーは一見安いのですが、リゾートでの飲食や個々のアクティビティにプラスで支払いをしていくと案外に高くついてしまうので、結局「オールインクルーシブ」の方が安く上がることが多いようです。

プラスで料金がかかるアクティビティや食事を控えたり、高価なお土産の購入を控えたりするのも節約になります。

3.モルディブ旅行中でかかる費用まとめ

「オールインクルーシブ」といっても、個人的な嗜好で行うアクティビティやグレードアップには追加料金がかかります。



モルディブ旅行費用