出会いがあるかも!男ひとり旅のおすすめ国内、海外を紹介

男ひとり旅

他人に気をつかうことなく、男ひとりで旅をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。男のひとり旅は友達や彼女、家族と行く旅行とは違う楽しみが満載であり、気をつかうことなく自由に行動できます。

今回の記事では、おすすめの海外や国内のスポットを紹介しています。また、男のひとり旅のメリット、デメリットも記載しているので、ぜひ参考にして旅に出てください。

1.男のひとり旅をするメリット、デメリットとは

男ひとり旅メリットデメリット

1-1 男ひとり旅のメリットとは

■男のひとり旅には遅刻はない

旅行ツアーに参加すると、集合する時間を気にする必要があります。時間に縛られてしまうと、寝る時間や遊ぶ時間なども純粋に楽しむことができないので、ひとり旅のメリットにはそのようなことを気にする必要がないメリットがあります。

■旅は道連れ

旅は道連れという言葉にもある通り、旅行先で出会いがあったり、知らない人と飲んだりなど、仲良くなることもできます。こちらが心を開けば、気軽に話してくれる方も多いので、旅の一期一会を楽しみましょう。

■決めてから行動までがスラスラできる

旅行中に、「あ!これ食べたい」「あそこに行きたい!」と思った時に、スラスラ行動することができます。

誰かと共に旅行をしていると、意見が合わなかったり、許可を取ったりする必要があるのでひとり旅にはそんなメリットもあります。

■疲れたらすぐ休める

旅行中に「歩き疲れた」「休みたい」と考えても、誰かと一緒に行動をしていると、宿泊施設に戻ることは難しいですよね。けれど、ひとり旅なら寝るのも遊ぶのも自由です。

■時間を気にせず外出もできる

ひとり旅であれば、時間を気にせずに外出することができます。夜にお酒を飲みに行きたくなったりしても気にすることはありません。

■自分を見つめ直すことができる

ひとり旅をすると、自分の好きなことや、やりたいことに関して正直になれるので、自分を見つめ直すことができます。悩みがある時などは、自然などを感じる旅に出ると、悩みもちっぽけに思えるかもしれません。

1-2 ひとり旅のデメリット

ひとり旅のデメリットは、孤独を感じてしまうかもしれません。やはり、食事や観光を一人で満喫していると共有する人がいないので寂しいかもしれません。

2.男のひとり旅でおすすめしたい国内スポット

男ひとり旅メリットデメリット

2-1 男ひとり旅おすすめ国内①「北海道」

北海道は男のひとり旅におすすめしたいスポットの一つです。北海道には、おすすめ観光スポットやグルメが満載ですので、男のひとり旅でも十分に楽しむことができるでしょう。

■札幌

札幌と言えば、札幌味噌ラーメンが有名です。太めのコシの強い縮れ麺と豚骨ベースの濃い味噌味に特徴があります。スープカレーも有名であり、札幌を訪れた際には食べてみると良いでしょう。

■函館

函館も男のひとり旅をするのであれば立ち寄りたいおすすめスポットです。特に海鮮丼は抜群に美味しいので食べてみる価値があります。

■知床八景

北海道の絶景を味わいたいのであれば「知床八景」は見逃せません。

①オシンコシンの滝
②オロンコ岩
③夕陽台
④プユニ岬
⑤フレペの滝
⑥知床峠
⑦知床五湖
⑧カムイワッカ湯の滝

絶景を楽しむひとり旅もおすすめです。

2-2 男ひとり旅おすすめ国内②「福岡」

福岡県も男のひとり旅を考えている方におすすめしたいスポットです。美味しい物がたくさんあるだけでなく、おすすめ観光スポットもあるので参考にしてください。

■福岡と言えば博多ラーメン

九州といえば博多の豚骨ラーメンは有名です。豚骨主体のスープと細麺が特徴的であり、麺の硬さを変えたり、替え玉を注文したりできます。

■お土産にも最適、明太子

福岡県の博多を訪れたのであれば、辛子明太子がお土産にもおすすめです。有名な辛子明太子といえば、「ふくや」と言われているほど有名であり、ご飯だけでなくパンにも合います。

■もつ鍋

福岡県民のソウルフードでもあるもつ鍋は、ひとり旅の際にぜひ食べて欲しい料理の一つです。お酒が好きな方であれば、もつ鍋との相性は抜群ですので最高の旅になるでしょう。

2-3 男ひとり旅おすすめ国内③「茨城」

茨城は東京からも気軽にいける、おすすめのひとり旅スポットです。実は楽しめる観光スポットがたくさんあり、特急電車やつくばエクスプレスを使ったらすぐに行けます。

■弘道館&偕楽園

弘道館&偕楽園は、水戸の人気観光スポットです。弘道館とは、徳川斉昭が建てた人材育成を目的とした、現在の総合大学のようなものです。

偕楽園とは、日本三名園の一つでもあり、徳川斉昭が領内の民が楽しむ場を作りたいと願ってつくりました。

男ひとり旅