メロンパンの由来とは?いつ、どこで誕生したのか調査しました

メロンパンの由来

パン生地の上にビスケット生地をのせて焼いたメロンパンは、外側が甘くてサクサク、中はふんわり、子どもからお年寄りまで人気の定番の菓子パンです。

メロンの味がしないのにメロンパンと呼ばれるこのパンは謎だらけ。実は、どのようにして誕生したかがよく分かっていないのです。そこで、メロンパンの由来について調べてみました。

メロンパンの由来とは?いつ、どこで誕生したのか調査しました

メロンパン誕生はいつ?

メロンパンの原型が日本で生まれたのは、大正の終わりから昭和の初め頃といわれています。

メロンパンの由来にはいくつは説があります。

①帝国ホテルのアルメニア人料理人がフランスの焼き菓子ガレットとロシアのパンと組み合わせて考案した説

②来日した外国人のパン職人がドイツの菓子「シュトロイゼルクーヘン」をヒントにした説

③アメリカ経由で日本へ入ってきたメキシコの「コンチャ」を真似た説、など起源に多くの説

特に、メキシコのコンチャは日本のメロンパンにそっくりです。

コンチャ

メロンパン 由来

メロンパンの由来は、メロンに似ているからじゃないの?

焼き上がりがマスクメロンに似ているから「メロンパン」と命名されたと考えるのが最も自然ですが、ビスケット生地に使うメレンゲ(卵白を泡立てたもの)の「メレンゲパン」が訛ってメロンパンになったという意見もあります。

1930年(昭和5年)に東京の駒込木村屋からビスケット生地で包んだ菓子パンの製造法が実用新案登録されていることから、昭和初期の東京で丸形のパンが販売されていたことは確かです。

しかし、発売当初はメロンパンとは呼ばれていなかったようです。

アールス種のマスクメロンの種がイギリスから日本に輸入されてメロンの温室栽培に成功したのは1925年(大正14年)なので、マスクメロンが高級果物として一般の目に触れるようになり、メロンパンの名前の由来になったのは、昭和10年代以降だと考えられます。

関西のメロンパンは形が違う?

ところが、メロンパンは一種類ではありません。関西より西、特に広島や神戸、京都のメロンパンは、数本の縦の筋が入ったラグビーボールのような紡錘形です。

中に白餡やカスタードクリームが入っていて、ずっしりとした食べごたえのパンです。

メロンパンの由来