宮崎の名産品といえばコレ!食べ物やお菓子、果物、お酒を紹介

宮崎 名産

宮崎県は温暖な気候で知られていますが、日本有数の農業県であり、海の幸も豊富です。

今回の記事では、そんな宮崎県のおすすめ名産品についてご紹介します。

【お菓子編】宮崎のおすすめ名産品特集

宮崎の名産お菓子①「青島せんべい」

「青島せんべい」はゴーフレットのような薄焼きせんべいにクリームがサンドされているものです。

中のクリームはプレーン(バニラ)とピーナッツが定番ですが、マンゴーや日向夏、イチゴなど宮崎の特産フルーツを使ったものもあります。

宮崎の名産お菓子②「ゴボチ」

「ゴボチ」は、食物繊維が豊富なゴボウのチップスです。そのまま食べても止められない美味しさですが、サラダや煮物などのトッピングとして使えるという、応用範囲の広さも魅力です。

宮崎の名産お菓子③「からいも団子」

「からいも団子」は、粒あんを包んだ和菓子ですが、外側の餅にサツマイモが練り込んであるのが特徴です。食べる時にきな粉をまぶします。

餡なしのものもありますが、どちらも食べごたえがある人気のスイーツです。

【海産物編】宮崎のおすすめ名産品特集

宮崎の名産海産物①「ちりめんじゃこ」

宮崎県沖の日向灘は栄養分が豊富で、良質のシラス(カタクチイワシ類の稚魚)は全国有数の水揚げ量を誇ります。シラスを干して栄養と旨みを凝縮したのがちりめんじゃこです。

手軽にカルシウムが摂取できるちりめんじゃこは、佃煮やふりかけの他、せんべいなどにも加工されています。

宮崎の名産海産物②「トビウオ」

トビウオは宮崎らしい海の幸です。新鮮なら刺身がおすすめ、干物もよく見られます。味はたんぱくで脂肪分が少ないので照り焼きなど濃いめの味を付けることもあります。

さつま揚げやつみれなどにも加工され、宮崎の食卓を潤しています。

宮崎の名産海産物③「イセエビ」

意外にも思えますが、宮崎の日南海岸はイセエビの漁場として知られています。流れが速い海で育ったイセエビは身が引き締まり、その品質は高く評価されています。

解禁は9月からなので、時期が合えば是非食したいものです。

【果物編】宮崎のおすすめ名産品特集

宮崎の名産果物①「マンゴー」

宮崎のマンゴーは赤くて大きなアーウィン種(アップルマンゴー)です。首都圏でよく見られる、黄色くて細長いペリカンマンゴーとは全く別の果物のようです。

中でも「太陽のタマゴ」は糖度が15度以上、重さが350g以上、色と形がきれいなどの基準を満たした完熟マンゴーで、贈答用などにも使われる宮崎県独自の高級ブランドです。

宮崎の名産果物②「日向夏」

宮崎は日向夏の生産量日本一です。爽やかな香りと味わいをもつ日向夏は、もとは種の多い果実でしたが、宮崎では品種改良を重ね、種の少ないものを開発しました。



宮崎 名産