初めての人でも大丈夫!もんじゃ焼きの美味しい食べ方について

もんじゃ焼き 食べ方

たこ焼きやお好み焼きは知っているけれど、もんじゃ焼きはどのようなものか、食べ方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

初めての人でもこの機会にもんじゃ焼きとはどんなものか知って手軽に自分で作ったり、お店に入って楽しんでください。

初めての人でも大丈夫!もんじゃ焼きの美味しい食べ方について

もんじゃ焼きって何?

もんじゃ焼きとは小麦粉を水で薄く溶き、その中に野菜や肉などの具材とソースなど調味料などを入れます。

そして、よくかき混ぜた後で鉄板の上に具材を取り出してヘラで野菜などを刻み軽く焼いた後で残りの汁を加えて焼きながら食べる料理です。

具材の種類や味も甘い味・辛い味・甘辛味などがあり好みに合わせて作ることができます。

もんじゃ焼きとお好み焼きとの違いは?

小麦粉を水に溶き、鉄板の上に流して焼くのはお好み焼きと同じようですが、もんじゃ焼きは小麦粉の量が少なくゆるく水溶きしたものです。

ソースなどの調味料を最初から混ぜ込んでいるため、鉄板で焼いたときにお好み焼きのように固形化しないので鉄板にヘラで押さえつけて焼きながら食べます。

お好み焼きは厚みのある焼き方で、ソースなどの味付けは焼き終わってから上にかけ、それをカットして食べるところが違います。

もんじゃ焼きとお好み焼きは水と小麦粉の割合に大きな違いがあり、もんじゃ焼きは水と小麦粉の割合が17対1でお好み焼きは水と小麦粉の割合が大体1対1で、圧倒的にもんじゃ焼きの方が薄いです。

もんじゃ焼きはどうやって作るの?

もんじゃ焼きの一般的な作り方は、最初に小麦粉を水で薄く溶いて野菜やカットしたイカ、明太子やチーズなど好みの具材やソースなど調味料を入れ混ぜます。

次に加熱した鉄板に油を引き、まず具だけを載せて2本のコテで野菜を刻みながら具材を炒め合わせながら焼きます。

次に具がある程度温まったら、残っている汁が広がらないように具でドーナツのように土手を作って汁を流し入れます。

最後は具と汁をよく混ぜて一体化させ、ヘラで鉄板に具を押し付けて作り、焦がしながら食べます。

もんじゃ焼きを作るコツはあるの?

もんじゃ焼きをお店で作って食べるときは、鉄板の厚みなどにより温度をお店の方で設定していますが、家庭で作るときのコツはホットプレートなど200℃以上に設定することです。

次のコツは具材をドーナツ型に広げた土手から残りの生地がはみ出さないように2〜3回に分けて流し入れることです。

また、味が濃すぎると途中で薄めることができないので濃すぎないように注意することも大事なコツになります。

もんじゃ焼きにどんなトッピングがあるの?

もんじゃ焼きをお店で食べるときは基本メニューの他にお好みの具をトッピングすることができます。

トッピングできる具材としては地域にもよりますが人気具材としてピリ辛の明太子や焼き上がった最後の仕上げにパラパラとトッピングするベビースターラーメン。

その他チーズやキムチ、豚肉やエビ、ホタテや餅などもありお好みによりトッピングを組み合わせることもできます。

もんじゃ焼きは全国で食べられるの?

もんじゃ焼きは全国各地に店舗がありますが東京がダントツに一番多く、何と二番目に多いのが沖縄で三番目が群馬となっています。

もんじゃ焼きと言ってもお店によっていろいろ味付けやトッピングする具材も異なりますので、チェーン店もあります。どのお店も気軽に入ってもんじゃ焼きを楽しむことができます。

最後に

これでもんじゃ焼きの作り方や作り方のコツ、家庭でもホットプレートやフライパンを使い手軽な材料で簡単に作れることやいろいろな具材をお好みで楽しくトッピングできることなど分かったと思います。

家族や友達同士でワイワイ作りながら楽しく食べられるのも、もんじゃ焼きの魅力です、安心してもんじゃ焼きを楽しんでください。

もんじゃ焼き 食べ方