初めての人でも大丈夫!もんじゃ焼きの美味しい食べ方について

もんじゃ焼き 食べ方

たこ焼きやお好み焼きは知っているけれど、もんじゃ焼きはどのようなものか、食べ方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

初めての人でもこの機会にもんじゃ焼きとはどんなものか知って手軽に自分で作ったり、お店に入って楽しんでください。

初めての人でも大丈夫!もんじゃ焼きの美味しい食べ方について

もんじゃ焼きって何?

もんじゃ焼きとは小麦粉を水で薄く溶き、その中に野菜や肉などの具材とソースなど調味料などを入れます。

そして、よくかき混ぜた後で鉄板の上に具材を取り出してヘラで野菜などを刻み軽く焼いた後で残りの汁を加えて焼きながら食べる料理です。

具材の種類や味も甘い味・辛い味・甘辛味などがあり好みに合わせて作ることができます。

もんじゃ焼きとお好み焼きとの違いは?

小麦粉を水に溶き、鉄板の上に流して焼くのはお好み焼きと同じようですが、もんじゃ焼きは小麦粉の量が少なくゆるく水溶きしたものです。

ソースなどの調味料を最初から混ぜ込んでいるため、鉄板で焼いたときにお好み焼きのように固形化しないので鉄板にヘラで押さえつけて焼きながら食べます。

お好み焼きは厚みのある焼き方で、ソースなどの味付けは焼き終わってから上にかけ、それをカットして食べるところが違います。

もんじゃ焼きとお好み焼きは水と小麦粉の割合に大きな違いがあり、もんじゃ焼きは水と小麦粉の割合が17対1でお好み焼きは水と小麦粉の割合が大体1対1で、圧倒的にもんじゃ焼きの方が薄いです。

もんじゃ焼きはどうやって作るの?

もんじゃ焼きの一般的な作り方は、最初に小麦粉を水で薄く溶いて野菜やカットしたイカ、明太子やチーズなど好みの具材やソースなど調味料を入れ混ぜます。



もんじゃ焼き 食べ方