長崎の名産といえば!お菓子や果物、お土産について徹底紹介

長崎 名産

直径が15㎝から25㎝にもなる大きな柑橘系のザボンはブンタンとも呼ばれ、長崎の名産品になっています。

厚い皮を蜜で漬けたザボン漬けをはじめ、ザボンの風味をつけたゼリーやケーキなどのスイーツは長崎らしさで人気があります。

長崎の名産果物②「びわ」

長崎はびわの生産量日本一を誇ります。びわが日本に最初に入ってきたのも長崎で、その品種である茂木びわは、全国の作付面積の半分以上を占めていると言われています。

上品な甘みをもつびわは日持ちがしない果物ですが、ゼリーや甘露煮、お菓子の風味づけに広く使われています。

また、びわの葉のお茶も昔から飲まれていますが、近年ではがん予防や美白効果があるのではないかと注目されています。

【お酒編】長崎のおすすめ名産品特集

長崎の名産お酒①「壱岐焼酎」

長崎県壱岐市で製造される「壱岐焼酎」は世界貿易機関の協定に基づく産地指定銘柄の1つで、焼酎のハイブランドです。

原料は米麹1/3、大麦2/3と決められ、伝統的な製法を守って造られているその味はとてもまろやかです。

壱岐焼酎を造っている製造元は7社で、代表的なラベルには「壱岐」「天の川」「山の守」「ちんぐ」などがあります。

【工芸品、キャラクター編】長崎のおすすめ名産品特集

長崎の名産工芸品①「ガラス細工」

鎖国時代にもポルトガルなどから長崎に入ってきたガラスは、今でもエキゾチックな長崎のイメージを代表する工芸品です。

息を吹き込んでペコペコと鳴らすビードロ、口の長い急須のような形をした容器などは、異国情緒を感じさせてくれる長崎のガラス細工です。

長崎の名産工芸品②「波佐見焼」

「波佐見焼」は長崎県波佐見町で作られる陶磁器で、16世紀の終わり、朝鮮の陶工によってはじめられたものです。

丈夫なつくりの日用品が多く、家庭用和食器や学校給食用の食器などが量産されています。

長崎の名産工芸品③「軍艦島グッズ」

石炭の採掘が行われていた端島(はしま)の通称は「軍艦島」で、廃墟遺跡として人気を博しています。

上陸は決められたツアーに参加しないとできませんが、ステッカーやTシャツなど関連グッズは長崎の人気のお土産になっています。

最後に

長崎には歴史を感じさせるものから山海の幸を生かしたものまで、多様な名産品があることがお分かりいただけたことと思います。

長崎行く機会があれば、この記事を参考にして頂ければ嬉しいです。

長崎 名産