古都奈良で恋愛祈願!願いが叶うおすすめ縁結びの神社ベスト8

奈良 縁結び

歴史ある奈良には、人々の願いを受け止め、かなえてくれる縁結びの神社やお寺がたくさんあります。そんな縁結びの神社やお寺には、可愛くてほんわかする絵馬などもあります。

今回の記事では、そんな奈良県の縁結び神社を厳選して紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.奈良のおすすめ縁結びスポット!訪れたい神社8選

1-1 夫婦大国社(めおとだいこくしゃ)

春日大社は、全国にある春日大社の総本社です。平城京の時代から、平城京の守り神として藤原氏の信仰を集めてきました。夫婦大国社は、春日大社の末社の一つです。

夫婦大国社は、その名前の通り、日本で唯一、ご夫婦の大國様をお祀りしています。夫婦円満、家内安全、縁結びの神様として有名です。良縁を求めてお参りする人たちが絶えません。

絵馬は、紅白がきれいなハート形です。こちらでは、「水占い」というおみくじも有名です。

水に浸すと文字が浮き出ます。夫婦大国社で初穂料を納めて水占いの紙をいただきます。それを水占所で、水に浸すと文字が浮かび上がります。ぜひ、やってみてください。

詳細ページ

1-2 采女神社(うねめじんじゃ)

奈良と言えば、興福寺の五重塔と猿沢池が思い浮かぶ人が多いかと思います。その猿沢池のほとりの小さな神社が采女神社です。采女神社も春日大社の末社の一つです。

采女とは、古代、地方のある程度以上の家から選んで奉仕させた後宮の女官です。奈良時代、帝から寵愛を受けた采女が、帝の足が遠のいたことを嘆き悲しんで猿沢池に身を投じました。

采女神社は、その采女を憐れんで、その霊を慰めるために猿沢池のほとりに建てられました。

毎年、中秋の明月の夜、采女祭りが行われます。猿沢池には、管絃船が浮かび、池面に花扇を奉納する雅なお祭りです。

采女の悲恋転じて、采女神社は縁結びの霊験あらたかとされています。その采女神社で、采女祭の日にだけいただける「糸占い」という縁結びのお守りがあります。

それは、「中秋の名月の月あかりの下、縫い針に赤い糸を通せば、願いが叶う」という伝説に由来しています。一年に一度だけいただける糸占いで、ぜひ、あなたの願いも成就させてください。

詳細ページ

1-3 御霊神社(ごりょうじんじゃ)

奈良 縁結び

御霊神社は、奈良町界隈を散策する人たちが多く行きかっている奈良町の中心にたたずんでいます。

御霊神社は、平安時代初め、桓武天皇によって創建されました。奈良時代、政争に巻き込まれて非業の死を遂げた井上内親王、他戸親王などの霊を鎮めるために建てられました。

奈良 縁結び

そのような歴史をもつ御霊神社ですが、現在はパワースポットとして人気を博しています。とりわけ、境内社の出世稲荷神社は、縁結びの神様としてたくさんの若い人たちがお参りしています。

ハート形の絵馬や恋みくじで、あなたの恋の行方をうらなってみてはいかがでしょうか。

詳細ページ

1-4 宝山寺(ほうざんじ)

奈良県と大阪府の県境に生駒山があります。生駒山の中腹にあるのが宝山寺です。宝山寺は、聖天さんと人々から親しまれていて、商売繁盛を願う人々でにぎわっています。

本堂の隣の聖天堂に祀られているのが歓喜天、いわゆる聖天さんです。この歓喜天は、元々はヒンズー教の神・ガネーシャで、頭部が象で身体が人の形をしています。

宝山寺の歓喜天は、ガネーシャの形をしていますが、男女二人が抱き合う姿をしています。いわば、秘め事を表しているがゆえに、一般には公開されず秘仏です。

そのような歓喜天ですから、男女の仲、縁結びに大きなパワーを持っているのもうなずけます。良縁、縁結び、恋愛成就、夫婦円満、子授けを求めて参拝客がたくさん来られます。

奈良 縁結び