奈良のおすすめ名産品特集!魅力がギュッと詰まった物を紹介

奈良 名産

1300年前、平城京が置かれた当時、シルクロードの終着点として、奈良は世界一の国際都市でした。

その時代から連綿と続く技の数々が今なお、受け継がれています。また、奈良盆地は、穏やかな気候に恵まれ、さまざまな名産品があります。

今回の記事では、奈良に生まれ育ち、奈良在住の筆者が、奈良の魅力がギュッと詰まった名産品をご紹介します。

奈良のおすすめ名産品特集!魅力がギュッと詰まった物まとめ

奈良の代表的な名産といえば「奈良漬」

「奈良」と冠した、文字通り、奈良を代表する酒粕に漬け込んだ漬物です。奈良漬の歴史はとても古く平城京のころまで遡ります。

基本の瓜に加えて、キュウリ、ナス、そして、メロンなどさまざまな奈良漬があります。

奈良の代表的な名産といえば「三輪そうめん」

三輪そうめんは、大神神社の門前町、桜井市三輪で作られています。今や、日本各地で作られているそうめんですが、三輪がそうめん発祥の地です。

三輪そうめんは、どこのそうめんよりも細いのが特徴です。のどごしのいい三輪そうめんは、夏には欠かせません。

奈良の名産お酒といえば「清酒」

日本のお酒は、長い間濁り酒でしたが、室町時代に正暦寺(奈良市)で今の清酒を作ったのが始まりとされています。

奈良には、「梅乃宿」「風の森」「春鹿」「百楽門」などおいしい地酒がいっぱいです。

奈良の名産果物といえば「イチゴ」

穏やかな気候で、大消費地大阪に近い奈良は、イチゴ栽培がさかんです。

奈良のイチゴと言えば、大粒で甘さが自慢の、あすかルビーと、最近売り出し中の古都華(ことか)です。

奈良と名産果物といえば「柿」

正岡子規の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」はあまりに有名ですが、柿生産もとても盛んで、収穫量は全国第2位です。

柿を使った「柿寿賀」や、柿の専門いしいの「柿バター」は、人気上昇中のお土産です。

奈良の名産農産物といえば「吉野葛」

マメ科のつる性植物葛の根から採集したでんぷんが葛粉です。きれいな水と冬の冷え込みが厳しい吉野で作られた吉野葛は最上品です。

奈良には、天極堂、黒川本家、森野吉野葛本舗など吉野葛の老舗があり、葛餅、葛切りなどさまざまな葛製品が人気です。

奈良の名産農産物といえば「大和茶」

大和茶は、奈良県北東部の大和高原で栽培されています。お茶の生産量は、全国第6位です。



奈良 名産