奈良のおすすめ名産品特集!魅力がギュッと詰まった物を紹介

奈良 名産

寒暖差のある冷涼な気候、豊富な水源、肥沃な土地が育てる大和茶は、すっきりとした風味と広がる香りが自慢です。

奈良の名産郷土料理といえば「柿の葉寿司」

一口大の酢飯に鯖や鮭の切り身をのせ、緑の柿の葉で包んで押しをかけたお寿司で、奈良県南部の五条、吉野地方の名物料理が広まりました。

柿の葉寿司の老舗として、たなか、ヤマト、平宗、ゐざさ寿司などが人気です。最近は、紅葉した柿の葉で包んだ秋限定の色鮮やかな柿の葉寿司が人気です。

奈良の名産郷土料理といえば「茶粥」

奈良名物として知られる茶粥は、鎌倉時代ごろから寺院で食べられていたお茶で炊いた粥です。茶の産地ならではの工夫だったと言えます。素朴なあっさりとした味わいが朝食として人気があります。

名門奈良ホテルや、奈良市内の味亭山崎屋、塔の茶屋、月日亭などでもいただけます。

奈良の名産グルメといえば「天理ラーメン」

奈良県天理市は、天理教の総本山がある市です。そこで生まれた、豚骨ベースのスープに細めの麺、野菜たっぷりのラーメンが天理ラーメンの特色です。

天理ラーメンには、天理スタミナラーメン(天スタ)と、彩華(さいかラーメン)が有名です。

奈良の名産スイーツといえば「大仏プリン」

「奈良と言えば大仏」ですが、今やそれに並ぶぐらいの人気スイーツが大仏プリンです。

奈良県食材を使ったやさしい味わいの大仏プリンは、瓶入りです。蓋には、大仏様のかわいいイラストがついています。

プレーンの他、抹茶、ショコラ、ミルクなどバラエティも豊かです。外国の観光客にも大人気です。

奈良の名産スイーツといえば「三笠」

奈良では、どら焼きのことを三笠と言います。奈良の御蓋山(三笠山)が名前の由来です。笠をかぶせたような山の形から名づけられました。

直径15㎝前後の大きな三笠は、お土産としてもインパクト大です。

奈良の名産工芸品といえば「奈良晒(ならさらし)」

奈良晒とは、肌触りの良い最高級の麻織物で、鎌倉時代以降、神官や僧尼の衣に、江戸時代には武士の裃(かみしも)に使われてきました。

奈良名産の麻織物に現代の息吹を吹き込んだのが、知名度全国区の中川政七商店です。奈良の本店のほか、全国のデパートや通販で人気です。

奈良の名産工芸品といえば「奈良団扇(ならうちわ)」

団扇の面にきめ細かな透かし彫りを施した奈良団扇は、上品で美しいと贈り物に喜ばれ、江戸時代には、奈良奉行が幕府に献上する習わしがあったそうです。

今、奈良団扇を作っているのは池田含香堂だけですが、うっとりするような奈良団扇も、私たちにも手が届く値段で売っています。

最後に

奈良の名産品を集めてみました。奈良愛あふれる筆者が厳選したものばかりです。誰もが知っている名産品から、「ヘーッ!?初めて知った」というものまでいろいろです。

筆者一押しは、奈良団扇です。奈良に来られることがありましたら、ぜひお店を覗いてみてください。その精巧さに感動間違いなしです。



奈良 名産