ゴッホやモネの名画を鑑賞!ナショナルギャラリーの見どころ作品を紹介

ナショナルギャラリー

ロンドンにあるナショナル・ギャラリーの見どころ作品について知りたいなぁと考えていませんでしょうか。

ナショナルギャラリー(ロンドン)では、注目のイタリア初期ルネサンス絵画やフランドル絵画、印象派、そして地元イギリスが誇るターナーのコレクションなどを見ることができます。

ナショナル・ギャラリーは社会的身分にこだわらず全ての人に開かれた美術館です。今回の記事では、そんなナショナルギャラリーの歴史と代表作について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

1.見どころ名画の宝庫!ナショナルギャラリーについて

ロンドンにあるナショナルギャラリーは、ルーブル美術館やメトロポリタンと並び、西洋絵画の中心地として知られています。ここにはヨーロッパ各地からの名品がたくさん並べられています。

コレクションの中には、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロといったイタリアのルネサンスを代表する作品、フェルメールやレンブラントといったフランドル地方の画家の作品、そして19世紀以降に描かれたゴッホやモネ、セザンヌといった印象派が含まれます。

19世紀に銀行家のアンガーシュタインが、自分のコレクションを国に寄付したことがナショナルギャラリーの誕生のきっかけとなりました。

その後も寄付と館長による収集でコレクションは大きくなり、現在では2300の作品が4万6千平方メートル、東京ドーム約3倍のスペースに展示、保管されています。

市民のための美術館

ナショナルギャラリーの前にはトラファルガー広場が広がります。最初は寄贈したコレクターの自宅で展示していましたが、コレクションが大きくなり1831年に現在の場所に建設されることになりました。

ロンドンの中心であるこの場所が選ばれたのは、ここであれば身分にかかわらず誰でも美術館を訪れて美術を鑑賞することができるからです。当時はロンドンの西側に貴族や裕福な商人が住み、東側に労働者たちが住んでいました。

そして開館時間を長くし、入場料を無料にすることで美術を特権階級以外にも開放したのです。ナショナルギャラリーは万人の娯楽と教育のために開かれた美術館です。

2.ナショナルギャラリーの見どころ作品について

見どころポイント①「15世紀ルネサンス」

ダ・ヴィンチの作品を始めとする15世紀ルネサンスのコレクションについて説明します。ナショナルギャラリーの中央ホールを左に進むと渡り廊下が見えてきて、その渡り廊下を渡るとセインスビュリー棟です。

第二次世界大戦中に爆撃で空き地になっていたものを1985年に再建し、初期ルネサンスのコレクションを展示するスペースとしてオープンしました。ここに展示されているのは15世紀の絵画です。

渡り廊下を入って最初の部屋を左に進むとゴシックの絵が並んでいます。この部屋はルネサンスが誕生した15世紀前半の中央イタリアの絵画が展示されています。遠近法や人間らしい表現がルネサンスの特徴です。

1438年から40年にかけてパオロ・ウッチェッロによって描かれた「サン・ロマーノの戦い」は見どころ溢れる作品です。この絵は、フィレンツェがライバルの町シエナに勝った戦いの絵です。

真ん中で白い馬に乗っているのがフィレンツェ側の兵士ニッコッロ・ダ・トレンティーノです。この絵は本来3枚で構成されていました。残りの2枚はそれぞれパリのルーブル美術館とフィレンツェのウフィツィ美術館にあります。

見どころポイント②「16世紀盛期ルネサンス」

16世紀を代表するミケランジェロやブロンズィーノの作品について紹介します。油絵が使用されるようになり、陰影をつけるなど絵画の表現が豊かになりました。それに加えて、描かれる内容も洗練されてきて、ものに複雑な意味を持たせるようになったのが特徴です。

ナショナルギャラリーの中央ホールから左に曲がり、奥にある部屋番号2には、16世紀前半にイタリアで活躍したティツィアーノの作品が並びます。ティツィアーノはヴェネツィアで活躍しました。

同じイタリアでも15世紀のものと異なるのは、油絵の技術が使用され始めたことです。油絵を使うことによって色に陰影をつけることができ、表現の幅が広がりました。

ナショナルギャラリー