多民族社会が創ったネパールの文化!気になる疑問を徹底紹介

ネパール 文化

みなさんはネパールという国にどのようなイメージをお持ちでしょうか。世界最高峰の山であるエベレストのイメージや、ネパール料理のイメージ等を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。

ただ、ネパールという国についてそれ以上の具体的なイメージをお持ちの方はあまり多くないのではないかと思います。

そこで今回の記事では、ネパールという国をより知っていただくために、ネパールの文化についてご紹介させていただきます。

1.そもそもネパールってどんな国?

ネパールとは、南アジアに位置する内陸国で、北は中国、南はインドに挟まれています。ネパールの国土は世界最高峰のエベレストを始めとしたヒマラヤ山脈がある山脈地帯と、南部のタライ平原からなります。

首都はカトマンズ、公用語はネパール語の国となっています。人口は約3,200万人日本の1/4ほど、国土の面積は約14.7万kmで日本の約1/3ほどになっています。

2.ネパールの基本的な文化について

それでは、ネパールの基本的な文化についてご紹介していきます。

2-1 ネパールの様々な宗教

ネパールには様々な民族がいるため、様々な宗教の国民が存在していますが、人口の約80パーセントがヒンズー教を信仰しています。

ヒンズー教徒では牛が神聖な動物とされているため、ヒンズー教のネパール人は牛を決して食べません。

また、食事をする時は不浄な手と考えられている左手は使わず、神聖な右手で直に食べるという文化があります。

その他ネパールでは約10パーセントの国民が仏教を、約4パーセントの国民がイスラム教を信仰しています。

2-2 未だに根強いネパールのカースト制度

ネパールには日本人には馴染みのないカースト制度が名目上存在しています。国民の出自や職業によってその階級は細分化され、それは大きく分けると四つの階級に分かれています。

ネパールでは近代化に伴い、法律上ではカーストの制度が既に撤廃されていますが、過去のカースト制度の名残は現在でも強く残っています。

2-3 ネパールの料理

日本にはインド料理店だけでなく、ネパール料理店の名前を冠したレストランが多いため、ネパール料理にはある程度の馴染みがある方も多いかと思います。

それらの料理店は実際にネパール人が調理をしていることが多いのですが、日本風にアレンジがされている店が多いです。ネパールではダル・バートと呼ばれる定食が日常的に食べられます。

ダル(豆のスープ)とバート(ごはん)にカレー風味に味つけられた野菜(タルカリ)と漬け物(アツァール)が添えられます。

ネパールの料理の基本的な特徴は、色々なスパイスが用いられたカレー味で、ニンニク、タマネギ、トマトを多用することです。

3.ネパールの様々な祭りの文化について

多民族多宗教が存在するネパールには数多くの祭りがあり、年中各地で様々な祭りが開催されています。その中でも特に有名な祭り3つをご紹介いたします。

①インドラジャトラ

9月頃に行われるヒンズー教の祭りです。インドラジャトラ祭では、雨をもたらす豊穣の神インドラを祀るためにカトマンズの街に巨大な御柱が立てられ、生き神クマリとなる選ばれた少女が山車に乗って街を巡行します。

②ダサイン

10月頃に行われるネパール最大の祭りです。元々はヒンズー教の祭りでしたが最近は仏教徒にも拡がっています。



ネパール 文化