オランダの文化をチェック!旅行前に知りたい特徴や食文化とは

オランダ 文化

ヨーロッパの北西に位置する国「オランダ」。訪れた全ての人々が、映画に出てくるような可愛い街並みと、深い歴史を感じる数々の建造物のギャップに魅了されると言われている土地です。

そんな魅力にあふれたオランダですが、そこに住む人々の文化というのは、知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな観光地して名高いオランダについて、知られざる文化をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

1.旅行前に知っておきたい!オランダの生活文化について

オランダ人は、基本的に挨拶やお礼などの全世界共通のマナーに関しては厳しい人種です。そのため、オランダ人は礼儀正しい人が多く、マナーに敏感な日本人とも関わりやすい傾向があるようです。

しかし、日本人と決定的に異なる性質があります。それは、他人の地位や立場に気を使うことなく相手と関わりを持つというところです。

日本人は、相手が目上の人や権威ある人物、又はあまりお互いを知らないような相手に対して、自分から話を合わせて気を使いますよね。

これは、たとえ自分が好きではない相手に対しても同様、その人に合わせてその場を上手く切り抜けようとします。もちろんそうでない人もいますが、日本人の国文化としては、このように「気を遣える」性格が美徳とされています。

一方オランダ人はこの真逆です。自分が気の合わない相手とは無理に関わらず、話を合わせることもない、「我が道を行く!」という性格です。

これは相手の立場に関係なくそうで、例えば相手が上司や取引先でも関係ありません。思ったことはすぐに伝えないと気が済まないという人がほとんどです。

勘違いしてはいけないのは、オランダ人は誰にでも自分のわがままをぶつけるという訳ではありません。自分がおかしいと思う事や、明らかに理不尽な状況にいる場合、日本人のようにグッと堪えてその場をやり過ごすのではなく、はっきりと意見を言うという事です。

ですので、オランダで働く人が仕事の人間関係に悩まされることは非常に珍しく、ストレスを感じることも少ないのだとか。多くの人が仕事の多忙さでストレスを抱える日本には、オランダのこういった部分は必要なのかもしれません。

2.オランダの交通文化について

実は、「自転車大国のオランダ」と呼ばれるほど、オランダ人は自転車を使います。街中には自転車に乗っている人がほとんどで、その形もバラエティに富んでいます。

日本でいうママチャリなんかも、オランダバージョンはさらに子供の座る籠が広く、どれほど自転車が人々の生活に欠かせないものかが分かります。

首都のアムステルダムでは、1人当たり1台以上の自転車を保有しているのが当たり前だそうで、近場ならどこへ行くにも自転車だと言います。

この自転車ですが、1970年代に一気に国全土へ普及したそうで、それ以降はほとんどの道路に自転車専用のレーンが備え付けられています。

この専用レーンの誕生と共に、信号機や交通標識なども自転車レーン専用のものが作られ、今では人口よりも自転車の数が多いと言われるほどになっています。

もちろん、他にも利用できる交通手段がいくつかあります。主なものは地下鉄、バス、そしてトラムと呼ばれる路面電車が有名です。

住民にとって自転車が移動手段であるのに加え、バスや地下鉄は少し遠方に行く際に良く利用されます。また、車ももちろん利用者が多く、日本の様に電車が普及していないオランダでは、自転車と同じくらい必要なものなのです。

トラムは街の中心部を走る路面電車ですので、そこに住む人々というよりも、観光客が多く利用している印象です。トラムは外観も可愛らしく日本ではほぼ絶滅危惧種の交通であるため、日本人は間違いなく楽しむことが出来るでしょう。

3.オランダの教育文化について

自由でストレスの少ない幸せな国と言われるオランダですが、意外にも教育の面は非常に厳しい政策があるのです。オランダは日本同様、大卒者の学力が非常に高い国です。



オランダ 文化