ニュージーランドの文化の違いを知りたい!特徴や習慣も紹介

ニュージーランド 文化

ニュージーランドの文化や特徴、日本との違いについて知りたいと思っていませんでしょうか。ニュージーランドは、日本人の海外旅行の行き先として高い人気を誇っています。

豊かな自然、そしてイギリスの植民地だったころのヨーロッパの文化と、ニュージーランドのタンガタ・フェヌア(先住民)、マオリの文化が違和感なく共存し、独自の文化スタイルとなっているところです。

今回の記事では、旅行前に知りたいニュージーランドの文化や習慣を紹介します。それぞれの違いを理解し、共通点を分かり合えば、ニュージーランドがより近しいものに感じるはずです。

1.ニュージーランドの文化や習慣、特徴を紹介

1-1 ニュージーランドの言語

ニュージーランドの公用語は、英語とマオリ語です。それらの他に、2006年から、ニュージーランド手話が公用語になりました。手話が公用語になったのは、ニュージーランドが世界で最初でした。

私たちが普段耳にしている英語と、ニュージーランドで耳にする英語は、発音が違う部分も結構あって、戸惑うかもしれません。

例えば、bed(ベッド⇒ビィッド)、Sunday(サンデー⇒サンダイ)などです。[/e/エ]が、[/i/イ]に、[/ei/エイ]が、[/ai/アイ]に変わると覚えておくといいです。

1-2 先住民との共存文化

ニュージーランドでは、先住民のマオリが全人口の14%を占めています。世界各国では、先住民と、後から来た移住者との間に軋轢があって、社会問題になっていることが多いです。

しかし、ニュージーランドでは、とても自然な形で共存しています。マオリの言語と伝統が、ニュージーランド文化の根幹をなしているといっても過言ではありません。

1-3 ニュージーランドの治安、街文化の違い

ニュージーランドは、安全な国というイメージがありませんでしょうか。確かに、他の英語圏の国や、ヨーロッパ各国と比べて治安はいいと思いますが、でも、日本に比べると安全とは言い難いです。

そこはやはり、用心しすぎてしすぎることはありません。旅行者然とした行いや、お金を見せるなどの行為は慎んだほうがいいです。

2015年、イギリスのBBCが2015’s Hottest Citiesの1位に、ウエリントンを選びました。ウエリントンは、ニュージーランドの首都ですが、日本での知名度は低めです。これからは、ウエリントンも要チェックです。

1-4 ニュージランドの食文化について

ニュージーランドは、酪農が盛んな国です。そして、世界一の羊大国です。人口一人当たりの羊の数が世界一多い国です。ですから、ラム料理は最高においしいです。

また、あまり知られていませんが、ブラフ産のオイスターが有名です。4~5月に、オイスターフェスティバルが開かれます。本場のキーウィもぜひ食べたいです。

最近は、ニュージーランドワインも人気が出てきています。

1-5 交通文化の違い

鉄道は、北島や南島にありますが、ほとんどが貨物輸送に使われています。都市間の移動にはあまり使われていません。

しかし、雄大なパノラマを楽しめるウエリントン~オークランドや南島のキウイレイルのような観光列車が楽しめます。

車は、日本同様、左側通行で、右ハンドルの車が大半なので、レンタカーを利用するのもいいですが、その国の交通事情を知った上で、乗ることをおすすめします。

ニュージーランド 文化