【厳選】日光のお土産はコレでOK!人気商品からおすすめ雑貨まで

日光 お土産

日光のお土産でおすすめの人気商品を知りたいと考えていませんでしょうか。日光は修学旅行でも定番の観光スポットであり、様々な種類のお土産が売っている魅力溢れる場所です。

今回の記事では、日光の定番のお土産から人気のスイーツ、雑貨、キーホルダーなど、日光ならではのお土産を紹介しています。また、口コミも記載しているのでぜひ参考にしてください。

1.日光のお土産選びで失敗しないための注意点

都心から気軽に行ける人気の観光スポット日光には、東照宮をはじめ歴史ロマンを感じられる場所がたくさんあります。

修学旅行生や海外からの観光客など、たくさんの観光客が訪れるので土産店が多いのですが、日光独自のものよりも日本全国で見られるお土産メーカーの既製品が溢れているという面もあり、日光の老舗和菓子や素敵な伝統工芸など、そこでしか買えないお土産を事前に調べておくのがおすすめです。

もちろん、一般的で日持ちする上、たくさん配れるお土産メーカーの商品も便利ですが、状況や贈る人に合わせてセンスの光る上質なものや、カジュアルでユーモラスなお土産も選べるようにしておくのがおすすめです。


2.日光だからこそ買うべきグッズ!おすすめのお土産10選

2-1 村上豊八商店の日光彫名刺入れ

日光彫とは、江戸時代かの徳川家光によって日光東照宮修繕を目的に集められた日本全国の一流の職人達が、仕事の合間に木彫りの玩具などをつりはじめたのが起源の伝統工芸です。

日光東照宮の陽明門にも見られる、しっかりとした丈夫な作りと豪快かつ繊細な彫刻、植物を中心としたかわいらしいモチーフやデザインは、小さな雑貨の中にもいきいきと受け継がれています。

人気の日光彫雑貨の中でも上品な名詞入れは、レトロな見た目と、名刺を取り出しやすく考えられた親切な設計がしてあっておすすめのお土産です。

村上豊八商店
https://www.toyohachi.net/

2-2 八島屋の和小物

八島屋は日光市下鉢石町にある酒屋店ですが、店主の奥さんが手作りした雑貨も売っていて、和服や酒屋の伝統的なエプロンをリメイクした味のある雑貨が人気です。

完全手作りの一品物でつくりもしっかりしており、なによりカワイイデザインが魅力といえます。お酒とセットでお土産にするのもおすすめです。

和布小物 八島屋
http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=3127

2-3 金谷ホテルのほおづきのコンフィチュール

日光の金谷ホテルは日本最古のクラシックリゾートホテルです。古い映画の世界のような和洋折衷した白亜の建築美と西洋の高級家具が並ぶラグジュアリーな空間は、旅行者を明治の華やかな時代に連れて行ってくれるようです。

日光の魅力的な観光スポットのひとつであり、現代も日本を代表する高級ホテルでもあります。ホテルのお土産物も人気で、中でも甘みと酸味が上品なほおずきのコンフィチュールがおすすめです。

パンにはもちろんアイスやヨーグルトにのせても、お家で歴史ある高級ホテルの雰囲気が味わえる、おしゃれなお土産といえます。

ほおずきのコンフィチュール
http://www.kanayahotel.co.jp/140th/2012/07/1.html

2-4 ふじやの揚巻湯波

日光のゆばは京都ゆばと比べて約2倍の厚みがあり、食べごたえがあって食感がしっかりしています。明治元年に創業したふじやは日光ゆばの名店で、長く地元民にも観光客にも親しまれてきました。

そんなふじやの「揚巻湯波」は風味を維持しながら日持ちするよう工夫をこらした看板商品で、生湯波を重ねて巻きとったものを切って油で揚げてあります。鍋に入れたり煮物にするのがおすすめの、ヘルシーなお土産物です。

日光湯葉 ふじや
http://www.nikko-fujiyayuba.com/

2-5 落合商店の元祖志そまきとうがらし

日光のお土産として珍しいのが、落合商店の元祖志そまきとうがらしです。他の地域ではなじみのないものですが、もともとは日光の修験者達が体を温めるために耐寒食としてつくられていたご当地食でした。

現代は日光でも落合商店でしかつくっていません。原料は名前の通り紫蘇の葉とトウガラシで、緑の葉がべっこう色になるまで塩漬けにしたものを職人がひとつひとつ丁寧に手巻きしてつくられています。

細かく刻んでご飯のともや冷ややっこに添えて食べるのがおすすめです。

元祖志そまきとうがらし
http://www.shisomaki.com/

2-6 WOODMOCCのタルマグカップ

東武日光駅にほど近い木のぬくもりを感じられるカフェ「WOODMOCC」では日光彫や、白木のおもちゃなど、どこか懐かしい木のお土産雑貨を扱っています。

特におすすめなのが、ヤマケヤキのタルマグカップです。耐水・耐熱はもちろん、耐酸、耐アルコール性も備え、ほっこりとするまるいシルエットと木のぬくもりが珈琲やお酒を少し贅沢な飲み物に変えてくれます。

WOODMOCC
http://www.woodmocc.com/cart/index.php?act=category&categoryID=33

2-7 みしまやの日光人形焼き(山椒風味)

地元生産者からとどけられる磨宝卵(まほうらん)を贅沢につかった人形焼きに山椒を加え、ここでしか味わえない上品な和菓子にしあげた逸品です。

味も申し分ない上、人形焼きならではのユニークな形状で、東照宮陽明門の有名なモチーフである三猿、ねむり猫、昇り竜をかたどった縁起の良い品でもあります。

山椒の香りが上品な珍しい味付けのものもあり、お土産にぴったりです。

みしまや
http://www.nikko-n.com/ningyo

2-8 日光下駄

草履地の下に台木がついためずらしい伝統工芸でもある日光下駄は、「御免下駄」ともいわれ、古来格式を重んじる日光寺社の神域境内で使われてきた履き物です。

神域であるため本来草履でないと入門できなかった所、雪や坂道の多い環境に対応するため職人が工夫した物だそうです。

その後も改良がかさねられ、歩きやすさや、夏はすずしく、冬はあたたかい履き心地を実現しています。履くだけで姿勢もよくなるので健康志向な方に人気のお土産です。

日光下駄 倉田工房
http://www.geocities.jp/hwfhb259/kuratakoubou.html

2-9 歌ケ浜山田屋の日光彫手鏡

中禅寺湖の湖畔にたたずむ歌ケ浜山田屋は、日光彫による開運表札が人気の彫り物店です。豪華な棚や食器も取扱っていて伝統工芸の職人技が光っています。お土産には定番の手鏡がおすすめです。

素朴なひっかき彫の手鏡もシンプルで素敵ですし、浮かし彫りのものは日光彫独特の堆朱塗り(ついしゅぬり)という朱色を重ね塗りする技法によって贅沢な風合いになっています。女性に喜ばれるお土産です。

歌ケ浜山田屋
http://www.utagahama-yamadaya.com/innteria.html

2-10 大笹牧場 日光直売店のカマンベールチーズ

大笹牧場の牛乳からつくられるオリジナル乳製品やハム・ウィンナーが買えるお土産物屋さんでは、店内でもスイ―ツなどが楽しめます。

レアチーズケーキやソフトクリームも人気ですが、お土産にするならカマンベールチーズがおすすめです。日光の地酒と一緒に買って帰れば、贅沢なひと時が楽しめる最高のお土産になります。

チーズの種類も豊富で、濃厚なカマンベールチーズはもちろん、日光のしそ唐辛子入りのものや、ワサビ味のチーズもあるので食べ比べるのもおすすめです。

大笹牧場
https://www.hotpepper.jp/strJ000949431/?vos=afhpppvczzzzx00000038

3.これぞ人気の定番!日光のおすすめお土産3選

3-1 さかえや日光揚げゆばまんじゅう

できたての湯葉に豆乳をねりこんでつくられる日光ならではのお茶受けが、さかえや揚げゆばまんじゅうです。お菓子好きの方にはたまらないお土産の一つでしょう。

東武日光駅前の店舗ではその場で揚げたてが購入可能で、テイクアウト客が行列をつくる人気の定番グルメといえます。サックサクの表面に軽くまぶした塩が絶妙で、中の餡を引き立てる斬新な銘菓です。

さかえや
http://www.sakae-ya.com/

3-2 綿半 特性竹皮包み練羊羹

江戸時代から日光参拝の大名や宮家に愛されてきた、定番名物が羊羹です。日光で羊羹を売っている和菓子店はたくさんありますが、中でも綿半(わたはん)は別格といえます。

創業は天明7年(1787年)で、時の日光山輪王寺の住持(親王宣下を受けた皇族男子で出家した物)に羊羹を献上し、その風味豊かな味わいが認められて御用達となった名店なのです。

明治以降も皇室御用達を勤め、日本の和菓子を代表するお土産として有名です。



日光 お土産