日光東照宮はココをチェックすれば最高の旅に!見どころ10選

日光東照宮

日光東照宮の歴史や神社について詳しく知りたいと考えていませんでしょうか。日光東照宮は、今から約400年前の1617年に作られた徳川家康をまつる神社です。

特徴は、何と言っても豪華絢爛な建物であり、施された華美な装飾は5000を越え、その一つ一つに興味深いストーリーが隠されています。

そして、日光東照宮のもう一つの特徴は、風水の技術をもとに設計されていることです。建物の配置や色彩、彫刻までが当時の風水の考え方をもとに作られています。

ですので、現代でも東照宮は有名なパワースポットの一つなのです。今回はそんな東照宮の観光スポットや見どころを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.最高の旅行に!日光東照宮の見どころポイント10選

1-1 日光東照宮の見どころ①「参道」

日光東照宮は徳川家康を祀る神社です。ですが、実は徳川家康は日光に来たことは一度もありません。では、なぜ日光に東照宮を立てたのかというと、実は風水の鬼門という考え方が関係しています。

鬼門というのは、建物の北東の方角のことをいいます。日本では昔から家を建てるときは、建物の北東の方角は神様の通り道なので、北東の位置を綺麗にしていると願い事が叶うとされていました。

だから、ここ日光が選ばれたのも、ある重要な場所から見て北東に位置するためにここに決めたのです。それはどこかというと、日本で最も高い山である富士山です。

日本では大きな山には神が宿ると昔から考えられていたので、富士山は最も強力な霊山でした。富士山から北東に伸ばした線と、首都である東京から真北に伸ばした線が交差する一点、それがここ日光だったのです。

1-2 日光東照宮の見どころ②「大鳥居」

参道を進んで階段を登った先に、石でできた大きな鳥居があります。この鳥居も約400年前に作られたものですが、石の鳥居としては日本最大のものです。これは九州の大名、黒田長政が奉納したもので福岡から海と川を通じて日光まで運びました。

柱をよく見ると、鳥居の上部に3つに分かれていて継ぎ目が見えるかと思います。この鳥居は全部で15個の石を組み合わせて作られているんです。これが現在の柱の組み立て方と同じ原理で作られていて、非常に力学的な構造になっています。

なぜこのような工夫をしたのかというと目的は災害対策です。一枚岩で作ると、地震で簡単に折れてしまうため、それを避けるためでした。この工夫のため、2011年の大震災のときも、それ以前の大地震の際にも揺らぎすらなかったそうです。

1-3 日光東照宮の見どころ③「想像の象」

日光は宗教的な場所ですけど、同時に軍事上の最後の砦でもあります。江戸が攻められた時の最後の要塞としての機能もあったのです。ですから、攻めにくいように長い階段があったり、道が突然直角に曲がったりしています。

一番左の建物を見てください。屋根の下に象のような動物が2匹います。これは「想像の象」と言われています。当時、天才絵師と言われた狩野探幽(かのうたんゆう)という人が描いたものです。

ですが、日本に象は生息していませんので、当時はまだ一度も日本に象が来たことはありませんでした。彼は象を見たことがある人から話を聞いて、想像だけでにこんなに上手い象を描いたのです。

1-4 日光東照宮の見どころ④「見ざる言わざる聞かざる」

日光で一番有名なのは「想像の象」の向かいの建物の壁に彫られている「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿です。壁にたくさんの猿の彫刻が彫られた建物がありますがこちらは馬小屋です。

昔の中国では馬の病気を猿が治すという言い伝えがあったので、猿が彫られているんです。左から2番目が有名な三猿の彫刻ですが、他にも彫刻があります。実はこれは8つの猿の彫刻を通して人の一生を表した物語になっているんです。

まず、左から1番目は2匹の猿がいますが、この2匹は親を表しています。日本語で「親」という漢字は、「木」と「立つ」と「見る」という漢字をくっつけたものですが、この猿は木の上に立って遠くを見ている様子を表現しています。

2番目は、日光で有名な三猿です。これの意味は、子供が小さい頃に世の中の悪いことを見聞きしたり、言わないように親が子供をしつけているところになります。この時期によいものを身に付けておけば、悪いものに触れても正しい判断ができるという考え方です。

さて、3番目は将来を悩んでいる様子、4番目は目標を見つけて上を見ている様子です。5番目は、挫折して落ち込んでいる友人を慰めている様子です。



日光東照宮