京都の西陣織とは何か?歴史や特徴をわかりやすく紹介します

西陣織

着物に興味を持ち、そろそろ着てみたいなと思い始めたりしたら、「西陣織」という言葉に、必ず出会います。

言葉は聞いたこと、見たことはあるけど、「西陣織」について詳しく知りたいと思っていませんでしょうか。

今回の記事では「西陣織とは何か」の基本をご説明します。

1.西陣織とは何か?

西陣織とは、京都市上京区と北区の一部、西陣エリアで生産される、先染め(さきぞめ)の織物の呼び名です。

西陣という行政区域はなく、京都市の中央、南を丸太町通、北を上賀茂、東を烏丸通、西を西大路通にはさまれたあたりをいいます。

西陣を歩いていると、どこからともなく機織りの音が今でも聞こえてきそうです。

先染めの紋織物とは、染色した糸を使って模様を織り出す織物で、織ってから染めるのではなく、染められた糸を複雑に織って模様を作るので、完成までに多数の工程があり、とても手間暇がかかる高級絹織物です。

こうして丁寧に織られた西陣織の生地は、先染めしてから織っているので、一般的な染色法の後染めより丈夫でシワになりにくいです。

2.西陣織の特徴とは?

着物と帯の合わせ方では、「正装の着物には、染めの着物に、織の帯」と言われます。染の着物の代表が、友禅染で、織の帯の代表が、最も品格の高い西陣織の帯です。

そのように、西陣織は格の高い織物です。

また、西陣織は、大量生産されるのではなく、多品種少量方式が特徴です。染色した糸を使った模様を織り出す西陣織は、完成までに多数の工程があり、それを分業システムで作っています。

西陣織には、細い真絹で織った紬(つむぎ)、いわゆる「お召し」のちりめん状の本しぼ織、表裏で異なる色柄が表現できる風通などがあります。

いずれもが、緻密に計算された紋様の美しさがきわだっています。

3.西陣織の歴史をかんたんに紹介

西陣織の歴史は、京都の歴史以上に古いです。



西陣織