サメ以外にも魅力がたくさん!茨城、大洗水族館の観光体験記

大洗水族館

アニメの舞台にもなっている茨城県大洗町は、夏は海水浴客でにぎわう街で有名ですが、日本トップクラスの水族館も人気の観光スポットです。

水族館が大好きな著者は、前日から泊まりで大洗町へ向かい、当日は営業時間に合わせて駐車場で今か今かと待機していました。そして、そこには小さな田舎町に大きくて迫力のある水族館がありました。

今回の記事では、大洗水族館の魅力を皆さんにお伝えしていきます。ぜひ参考にして下さい。

大洗水族館の観光体験記!見どころポイント教えます。

癒されること間違いなし!大洗水族館のクラゲゾーンを観光

大洗水族館 クラゲ

大洗水族館といえばサメの展示数が有名ですが、とても感動してしまったのがクラゲゾーンでした。

円球の水槽にライトアップされて展示されているクラゲは、同じ方向にグルグルと回り不思議で見ていて飽きません。

大洗水族館 クラゲ

それぞれの水槽でクラゲの種類が分かれており、回るスピードや方向も違います。ライトアップされたクラゲたちはじっくり見ることで普段は分からない構造を知ることもでき、水族館の解説を見ながらクラゲを見ると新しい発見をすることもできます。

中には小さな赤ちゃんと思われるクラゲもいたり、1匹だけ逆の方向に回るクラゲや同じ場所を行き来するクラゲなど、小さな子どもに混じって見入ってしまうほど夢中になってしまいました。

見たことない!大洗水族館の深海魚ゾーンを観光

大洗水族館 カニ

普段目にすることのない深海魚たちは管理をするのがとても難しく、どこの水族館でも見れるわけではありません。大洗水族館には貴重な「タカアシガニ」がたくさんいます。

タカアシガニは足だけで全長3メートルにもなる世界最大のカニで、危険を察知すると自分の足を切り離してしまします。

そのため海から水族館へ連れてくるのがとても大変なのですが、大洗水族館ではたくさんのタカアシガニを見ることができました。

他の魚には目もくれず、悠然と構えている姿はどこかたくましくてとてもかっこよかったです。壁をよじ登ろうとするタカアシガニや砂を掘るタカアシガニもいたりと、実はお茶目で見ているとクスッと笑えてきます。

とにかくよく動き、1番大きなタカアシガニは海で出会ったら怖いだろうなと思うほどの大きさでした。

大洗水族館 魚

深海魚は色や形が個性的な種類が多いので、解説を見ながら魚を見るとより楽しむことができます。「動いてない?」と思う魚も実は目だけをキョロキョロとさせていたり、少しずつ移動していたりします。

サーッと見過ごしてしまう地味な魚たちにも魅力がたくさんあるので、ぜひ深海魚ゾーンをゆっくり歩いてみてください。

人気の魚もたくさんいる大洗水族館

大洗水族館

抱き枕になったりキャラクター化されたりと、大人気のチンアナゴも大洗水族館にいます。エビや小さな魚と一緒に入れられているのですが、ユラ~ユラ~とマイペースでなんともいえない可愛さがあります。

出たり入ったり右に左に揺れるその姿は大人気の理由も分かり、帰りにチンアナゴのお土産を買っていくお客さんもたくさんいました。

大洗水族館