大阪の日本酒は食を引き立てる!食い倒れの街が育んだ美酒7選

大阪 日本酒

江戸時代の大阪は“天下の台所”と呼ばれ、日本中からおいしいものが集まり、食文化が大いに発展しました。
おいしい食べ物がある所には、必ずおいしい日本酒がつきものです。

というわけで今回の記事では、食い倒れの街・大阪が育んできたおいしい日本酒をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

食文化が栄えた大阪の日本酒は、料理をおいしくする淡麗旨口

日本有数の酒どころとして知られる兵庫・灘、京都・伏見に挟まれた大阪は、今日では日本酒の産地としてのイメージは希薄になっています。

ただ、実は江戸時代半ばまで灘・伏見はむしろ後発で、大阪こそが天下一の酒どころだったのです。

摂津・河内・泉州の三州で醸造され、江戸に向けて大量に運び込まれた酒は、「下り酒」としてもてはやされました。

反対に関東の酒は味が劣るため「下らぬ酒」と言われ、そこから「くだらない=取るに足らない」という言葉が生まれたとの説もあるほどです。

豊かな食文化に育まれ鍛えられた大阪の日本酒は、すっきりとした飲み口の中に確かな主張を持つ淡麗旨口が持味です。

料理をさらにおいしくすると共に、料理によっていっそう旨さが際立つタイプの酒と言えるでしょう。

大阪の日本酒と言えば真っ先に名前が挙がる2大銘柄の美酒

大阪の代表的な日本酒①「秋鹿 入魂之一滴 純米大吟醸 無濾過雫酒」(秋鹿酒造)

「秋鹿」は大阪を代表する銘酒の一つとして、全国にファンの多いブランドです。

蔵元は、米作りから酒造りまで一貫して手がけるシャトー型酒蔵として知られる秋鹿酒造。能勢の名水である歌垣山の伏流水を使って、無農薬栽培による純米酒にこだわって造っています。

「入魂之一滴 純米大吟醸」は、圧をかけずに醪の自重だけで滴り落ちた雫を瓶詰めするという、手間のかかる方法(雫採り)で搾られた純米大吟醸酒です。

香りはおだやかで、口に含むと米の旨みがどっしりと感じられます。まさに「入魂の一滴」の名に恥じない酒質で、焼魚、刺身などの食中酒として飲むと、料理の味をより引き立たせてくれます。

大阪の代表的な日本酒②「呉春 特吟」(呉春)

兵庫・灘が台頭するまで、酒どころと言えば大阪の池田が最も有名でした。その伝統を今も受け継いでいるのが、作家・谷崎潤一郎が愛した酒として知られる「呉春」です。

先代の社長は谷崎と交流が深く、「細雪」「卍」の校正を手伝うほどの親しい仲でした。

創業は江戸中期の元禄年間(1701年頃)で、現在のラインナップは普通酒、本醸造酒、特別吟醸酒の3種類と、期間限定(9〜12月)の大吟醸のみとなっています。

特吟は最上級の酒米である赤磐雄町を50%磨いて、じっくり低温発酵させて旨味を引き出した吟醸酒です。瓶詰めした後も低温貯蔵庫で寝かせてから出荷するので、熟成のきいた深い味わいが楽しめます。

大阪発・全国の日本酒通をうならせる実力蔵の銘酒5選

大阪の実力派の日本酒①「利休梅 静香 純米吟醸」(大門酒造)

大阪 日本酒