スペインが生んだ天才芸術家!ピカソ美術館の歴史や見どころ作品

ピカソ美術館

バルセロナにあるピカソ美術館について知りたいと考えていませんでしょうか。旧市街のゴシック地区にあるピカソ美術館は、もともとは13世紀から14世紀にかけて建てられたブルジョア階級の邸宅でした。

その邸宅5軒分を改装して1963年に「ピカソ美術館」として開館し、現在では約3800点もの作品を所蔵しています。

今回記事では、そんな天才画家パブロ・ピカソについてやピカソ美術館に展示されている作品について紹介しています。

1.天才芸術家パブロ・ピカソの生涯について

世界的に有名なスペイン出身の天才画家ピカソは、1881年に、コスタ・デル・ソルの表玄関マラガで生まれました。

コスタ・デル・ソルとは、太陽海岸という意味で、350キロにも及ぶ海岸線が続く高級リゾート地であり、その中心がピカソの生まれたマラガで、街の中心には、ピカソの銅像が設置されています。

しかし、ピカソが実際にスペインに住んでいたのは若い頃だけで、92歳で亡くなるまで、大半をフランスで暮らしています。意外にも、バルセロナには8年間しか住んでいませんでした。

ピカソは難産で生まれたということもあり、とても弱々しかったので助産婦さんが、死産と思いこみ、ピカソをテーブルの上に置きっぱなしにしたという話もあります。

そのままにしておけば、本当に死んでしまったであろうピカソに、葉巻の煙を何気なく吹きかけたのが彼の叔父さんです。そこでピカソが目覚めて息を吹き返したというエピソードが残されております。

2.パルセロナにあるピカソ美術館の概要、見どころ作品

2-1 バルセロナにあるピカソ美術館の概要

ピカソ美術館は、1963年に開館しましたが、ピカソの秘書であった人物の個人コレクションやバルセロナ市寄贈作品、その他含め、3,800点もの展示を誇っています。

また、近年、人気が増加し長い列ができているので、面倒でも事前に時間を決めたネット予約をすることをおすすめいたします。

ピカソというと、思い浮かぶ画風は、有名な「ゲルニカ」に代表される「キュビズム」時代の絵です。この美術館にはあまり知られていない、ピカソの幼少時代に描いた普通の絵や「青の時代」の作品が多く、バルセロナ時代から晩年まで、年代別に作品がわかりやすく展示されています。

2-2 ピカソ美術館で見逃せない見どころ作品

ベラスケスの「ラス・メニーナス」のピカソバージョン

世界3大名画といえば、ベラスケスの「ラス・メニーナス」レンブラントの「夜景」レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」といわれています。圧倒的に世界にその名を知られる有名な絵画「ラス・メニーナス」は、スペインの宮廷画家ベラスケスの作品です。

それを、ピカソが自分なりの解釈で描いた作品が、ここの目玉といわれる「ピカソのラス・メニ―ナス」です。ベラスケスの描いた絵は、マドリードのプラド美術館に展示されていますので、ピカソのものと見比べてみると面白いと思います。

この作品は、ピカソ72歳の時に描かれたものです。「ラス・メニ―ナス」とはスペイン語で、「女官たち」という意味です。この絵は、構図の表現がとても面白く設定されています。

まず、真ん中には、マルゲリータ王女が描かれており、一緒に遊んでくれているのは、女官たちです。手前には犬がいて、奥にある鏡の中にいるのは、その両親です。つまり王と王妃です。

そのとなりに、ベラスケス本人がこちらを向いて絵を描いている姿で描かれています。遠近法を使った大変凝った面白い構図なのですが、鏡にうつる姿を描いたのがすごいです。

薄暗く陰気なダークブルーを用いた作品を描いた「青の時代」

ピカソが20歳すぎの頃を「青の時代」と呼び、薄暗い陰気な作風が続いた時期です。親友の自殺事件が引き金になったとも言われており、この時代の代表作は、「ラ・ヴィ」と名付けており、フランス語で人生という意味です。この絵のテーマは、ピストル自殺をした親友とその恋人が抱き合っている姿です。



ピカソ美術館