≪Pokkeと巡る旅≫国際子ども図書館 レンガ棟建築ツアー

オープニング

東京の上野にある国際子ども図書館。

ここには、世界中約140の国と地域の絵本や児童書が保存されている。建物が、明治時代の数少ないレトロな洋風建築。

ただレトロなだけではない。明治、昭和、そして平成と3つの時代の建築が融合しているのだ。

そんな絵本と児童書と建築を巡るガイドツアーに出かけてみた。

Pokkeと旅に出る

アプリを起動して、建築ツアーのガイドをスタートする。

はじめに、マップを確認。建物は全部で3階。

マップに従って、まずは「子どものへや」に向かってみる。

照明のカラクリにちょっと感動
9000冊の児童書がある『子どものへや』

ここには、なんと9,000冊の児童書が揃っている。ガイドに従って、見上げると、天井全体が照明になっている。

この照明にはあるカラクリがあるらしい。

それは、どんな角度で本を読んでも影になりにくい照明設計。

気になって、足元を見ても、たしかに影ができていない。

ひとつひとつに、本を読む子どもへの気遣いが込められているのだ。ちょっと感動する。

『世界を知るへや』で注目すべきは足元の寄木細工
小さいころに読んだ絵本にも再開

次に向かったのは、「世界を知るへや」

もともとは、皇族など特別な方の来賓室として使われていたそうだ。

今は、子どもたちに世界に目を向けてもらうための本を集めた部屋。

魔女の宅急便や桃太郎などの日本の物語や絵本が、海外で出版されたものが並んでいる。

ふと、入り口の床が特徴的なことに気づく。

いろいろな種類の木材を組み合わせて色や形で模様を作る、寄木細工というらしい。

日本の伝統工芸の一つ。

絵本が並んでいる空間に入ってみる。

並んでいる絵本を眺めていると、ふと、小さいころに大好きだった絵本を発見。

『きんぎょがにげた』

1冊だけ、きんぎょの向きが逆になっていることに気づく。

手に取って見ると、アラビア語だ。

理由はPokkeが教えてくれた。アラビア語では、右から左に文章を書くので、絵が反転しているのだそう。

“モノ”が生き続けるために”技術”も残す
児童書ギャラリーで児童書と柱に注目

続いて向かったのは、児童書ギャラリー。

明治から現代までの日本の児童書の歩みを見ることができる。

実際に手にとることもできる。

明治時代に、落語や講談を子ども向けにまとめた「赤本」をパラパラと眺めて見る。

当時の子どもたちは、こうした本を読んでいたのだ。

建築にも目を向ける。注目したのは大きな柱。