≪Pokkeと巡る旅≫国際子ども図書館 レンガ棟建築ツアー

オープニング

東京の上野にある国際子ども図書館。

ここには、世界中約140の国と地域の絵本や児童書が保存されている。建物が、明治時代の数少ないレトロな洋風建築。

ただレトロなだけではない。明治、昭和、そして平成と3つの時代の建築が融合しているのだ。

そんな絵本と児童書と建築を巡るガイドツアーに出かけてみた。

Pokkeと旅に出る

アプリを起動して、建築ツアーのガイドをスタートする。

はじめに、マップを確認。建物は全部で3階。

マップに従って、まずは「子どものへや」に向かってみる。

照明のカラクリにちょっと感動
9000冊の児童書がある『子どものへや』

ここには、なんと9,000冊の児童書が揃っている。ガイドに従って、見上げると、天井全体が照明になっている。

この照明にはあるカラクリがあるらしい。

それは、どんな角度で本を読んでも影になりにくい照明設計。

気になって、足元を見ても、たしかに影ができていない。

ひとつひとつに、本を読む子どもへの気遣いが込められているのだ。ちょっと感動する。

『世界を知るへや』で注目すべきは足元の寄木細工
小さいころに読んだ絵本にも再開

次に向かったのは、「世界を知るへや」

もともとは、皇族など特別な方の来賓室として使われていたそうだ。

今は、子どもたちに世界に目を向けてもらうための本を集めた部屋。

魔女の宅急便や桃太郎などの日本の物語や絵本が、海外で出版されたものが並んでいる。

ふと、入り口の床が特徴的なことに気づく。

いろいろな種類の木材を組み合わせて色や形で模様を作る、寄木細工というらしい。

日本の伝統工芸の一つ。

絵本が並んでいる空間に入ってみる。

並んでいる絵本を眺めていると、ふと、小さいころに大好きだった絵本を発見。

『きんぎょがにげた』

1冊だけ、きんぎょの向きが逆になっていることに気づく。

手に取って見ると、アラビア語だ。

理由はPokkeが教えてくれた。アラビア語では、右から左に文章を書くので、絵が反転しているのだそう。

“モノ”が生き続けるために”技術”も残す
児童書ギャラリーで児童書と柱に注目

続いて向かったのは、児童書ギャラリー。

明治から現代までの日本の児童書の歩みを見ることができる。

実際に手にとることもできる。

明治時代に、落語や講談を子ども向けにまとめた「赤本」をパラパラと眺めて見る。

当時の子どもたちは、こうした本を読んでいたのだ。

建築にも目を向ける。注目したのは大きな柱。

Pokkeの言う通り、確かに柱の胴体部分が、ふくらみを持っている。内部には、竹を編んだ”竹小舞”というものが使われているからなのだそう。

柱を取り巻く立体的な装飾は、明治時代に、石膏の型に漆喰を詰め込んで、固まる前に型抜きして貼り付けるという手法で作られている。

今の柱は、修復されたものだが、当時と同じ手法で復元し、現代の職人への技術の継承にも役だったらしい。

“モノ”はしばらく残ったとしても、それを実現する”技術”は失われていく。

結果、”モノ”を修復し、残し続けることができなくなっている。

日本の伝統工芸の世界などで、そのことが課題になっていると何かで読んだことを思い出した。

“モノ”だけでなく、”技術”を残してこそ、”モノ”は生き続けるのだ。

大階段の先に。
100歳を超えたシャンデリアと対面する。

ガイドに促されるがままに、そのまま大階段をのぼる。ここには、100歳のシャンデリアがある。

よくドラマで見るような豪華さはないが、凛としていて格好いい。

レンガ棟の照明器具で、創建時のものが残っているのは、このシャンデリアだけだそう。

100年、この空間を照らし続けてきたのだ。

今の当たり前は、時代が変われば当たり前じゃなくなる
「おすとあく」と書かれたプレート

3階の廊下部分に行く前にあるドアのプレートを見てほしいと言われる。

見ると、「おすとあく」と書かれている。

そりゃ、押したら開くでしょう?

どうしてこんな当たり前のことが書かれているのだと思う?とガイドに問いかけられたけど・・・

ヒントは、子ども図書館が作られたのが、鎖国していた時代から、開国し、明治という時代だったということ。

今では当たり前なことが、時代が変わると当たり前じゃない。

逆に、今当たり前のことが、未来には当たり前じゃなくなっていくのだ。

音楽会も開催されている
昭和に増築されたホール

今まで見てきたものは、すべて明治時代の部屋だったけれど、このホールは昭和時代に増築されたものらしい。

高い天井による音響効果を生かして、音楽会なども開催しているそうだ。今度、参加してみたい。

本をめくるようなイメージで設計されたらしい。
廊下の窓から、アーチ棟を眺める。

3階廊下から、子ども図書館のアーチ棟を眺める。

これは、建築家の安藤忠雄さんが平成になって作ったもの。

緩やかに弧を描くデザインは、本をめくるようなイメージで設計されたのだそう。

明治時代に作られ、昭和、平成の改築・増築を経て、異なる3つの時代の要素が融合し、他に類を見ない建築物として生まれ変わった子ども図書館。

子ども図書館だから絵本や児童書ばかりだけど、改めて手にとってみると子どもの頃を思い出して、なんだか懐かしい気持ちになった。

そして、一つ一つ建築を紐解いていくガイドツアーは、発見となるほどの連続だった。

ガイドがあると、丁寧にモノを見れるような気がする。丁寧になり、視界が広がる感じがする。

次はPokkeとどこへ行こう。

このシリーズでは、Pokkeのガイドで体験できる場所を案内していきます。

今回、ご紹介したのは子ども図書館の建築ツアーは、アプリ「Pokke」で体験することができます。

ぜひ、足を運んで、絵本と児童書と建築をお楽しみください。