純喫茶とは何か?カフェとの違いや定義、メニューなど簡単紹介

純喫茶とは

みなさんは「純喫茶」をご存知でしょうか。明るくおしゃれなイマドキのカフェとは一味違った渋さを持つ、昔ながらのレトロな純喫茶にハマる若者が近頃増えているそうです。

そこで今回の記事では、純喫茶とはそもそも何か、純喫茶が生まれた背景、喫茶店やカフェとの違いとその魅力などについてまとめてみました。

1.純喫茶とは?生まれた背景を1から簡単紹介

明治の終わり頃、パリのCafeをモデルにコーヒーや軽食を出す「カフェー」が、知識人たちの社交の場として賑わっていました。

その後大正時代に入って、ホステス役の女給たちによるサービスを売り物にするカフェーが人気となり、徐々に全国へと広がっていきました。

夜になるとアルコール類が提供され、派手な化粧と着物で着飾った女給が客に体をすり寄せて接客する、今で言うキャバクラのような業態でした。

当時の女給は多くの場合無給で、もっぱら客が支払うチップが収入源だったため、女給たちは自ずと濃厚なサービスを競い合うようになっていったようです。

昭和初期になると、こうした店は「特殊喫茶」と呼ばれるようになり、風俗営業としてマークされ警察の管轄下に置かれました。

そこで「特殊喫茶」とはっきり区別するため、アルコールを提供せずコーヒーや軽食を主体にしている店は、純粋に喫茶を楽しむ店=「純喫茶」と呼ばれるようになったのです。

ちなみに喫茶とは、もともとは鎌倉時代に中国から伝わったお茶を飲み、その効用をたしなむ習慣や作法を指す言葉だったそうです。

2.喫茶店とカフェ、それぞれの違いは何?

さて今日では、イマドキのおしゃれな喫茶店を指して「カフェ」と呼ぶイメージですが、実はカフェと喫茶店では法的な面で微妙に定義が異なります。

両者の違いを端的に言うなら、「飲食店営業許可」を受けているのがカフェで、「喫茶店営業許可」を受けているのが喫茶店、ということになります。

飲食店許可営業を受けていれば、お酒の提供はもちろんのこと、加熱以外の調理による食事を提供することが可能です。



純喫茶とは