ハイジの国が生んだとろけるチーズ!ラクレットチーズとは何か

ラクレットチーズとは

ラクレットチーズは、柔らかな食感とコクのある風味で近頃女子に人気です。

名前にピンと来なくても、『アルプスの少女ハイジ』でおじいさんが暖炉であぶってパンに乗せ、おいしそうにハイジが食べていたとろとろのチーズと聞けば、一気に記憶がよみがえる人も多いでしょう。

そこで今回は、「物語やアニメの食べてみたい物ランキング」で1位に輝いたこともある、ハイジの国の名産品ラクレットチーズについてまとめてみました。

1.ラクレットチーズはスイス生まれのチーズ

円盤型をした重さ約5kg、直径40cm程のラクレットチーズは、マッターホルン等のアルプスの名峰で知られるスイス南部のヴァレー(Valais)で生まれた、セミハードタイプの乳白色をしたチーズです。

自然条件が厳しいアルプスの山岳地帯では、昔からハードタイプやセミハードタイプのチーズが保存食として作られており、ラクレットチーズもその中の一つです。

現在ではヴァレー産だけでなく、スイスとの国境に程近いフランスサヴォア(Savoie)産のものもよく知られています。

2.ラクレットの名は「削る」というフランス語から

ラクレットの名前は、フランス語(スイスの公用語の一つ)で「削る」という意味の動詞ラクレ(racler)に由来しており、その名の通り火であぶった部分を削って食べることが多いチーズです。

元々はヴァレー州の山岳地帯に暮らす牧童たちが、たき火のそばに石を置き、チーズの表面をあぶり溶かして食べていたのが始まりであり、すでに16世紀には火であぶって削る食べ方が広まっていました。

そして少々紛らわしいですが、ラクレットはチーズの名前だけでなく、チーズをあぶって削る食べ方自体の名前でもあります。

そのため、ラクレットチーズ以外のチーズをあぶって同じように削って食べる場合も、料理名はラクレットと呼ばれます。



ラクレットチーズとは