ロンドンの歴史ある王立公園、リッチモンドパークの全ガイド

リッチモンドパーク

ロンドンにある王立公園のひとつ、リッチモンドパークについて知りたいと考えていませんでしょうか。広大な園内には、赤シカやダマジカなどの野生動物のほかに、多様な植物が咲き誇ります。

また、リッチモンドパークは、ロンドンにある王立公園なかでも、敷地面積およそ10キロ平方メートルと最大規模を誇ります。

散策や犬の散歩、ジョギング、サイクリング、ピクニックに最適の場所であり、観光に訪れた際はその落ち着いた雰囲気に癒されるでしょう。

今回の記事では、そんなリッチモンドパークの歴史や概要、魅力的な見どころについて紹介します。

1.ロンドンにあるリッチモンドパークについて紹介

リッチモンドパーク

リッチモンド・パークは敷地面積9.9平方キロメートルの都市公園で、ロンドン市内の王立公園の中では最大規模となります。また、周囲を塀で囲まれた都市公園としてはバーミンガムのサットン公園に次いで2番目に大きな公園となります。

公園内にはいくつかの歴史的建造物のほかに、カフェやレストラン、各ゲートには公共トイレもあります。サイクリングやフィッシング、乗馬、ゴルフ、ラグビーなどスポーツを楽しむ場所としても人気です。

園内には歩行者専用のもの、車両通行可能なものをあわせると12箇所のゲートがあります。車両が入園できるのは日中のみとなりますが、歩行者は24時間入園できます。園内には乗馬専用のブライドルウェイと自転車専用道もあります。

警備を担当するのはロンドン警視庁の王立公園警備部門となります。さまざまな野生動物や昆虫、小川、湖、ガーデンなど豊かな自然もこの公園の特徴で、過去何世紀にもわたってほぼ設立当初のまま保存されていることから、自然保護区域、特別科学的関心地などにも指定されています。

公園に隣接する住宅にはリッチモンド・パーク・フリーホールドと呼ばれる賃貸料が課せられていて住民は毎年2ポンドから200ポンドを支払っているそうです。

2.リッチモンドパークの歴史について

現在リッチモンド・パークのあるエリアが王室にゆかりのある土地として歴史的資料に登場するのは1200年代後期、エドワード王朝時代のことで、当時はマナー・シーンと呼ばれる王室の所有地でした。

リッチモンド・パークの歴史は、イングランド国王チャールズ1世の時代に遡ります。1625年、ロンドンで大流行していたペストから逃れるために、チャールズ1世は宮廷をリッチモンド宮殿に移し、丘の上のエリアをアカジカとダマジカの狩猟場にしました。

当時すでにリッチモンドには公園があったため、これと区別するために当初は国王の「新公園」と呼ばれていました。1637年、チャールズ1世は公園を塀で囲むことにするのですが、地元民の反対にあったため彼らの通行を特別に許可しました。その後部分的に改築・補強されていはいるものの塀は今も当時のまま保存されています。

1833年から1842年のあいだにピーターシャム・ロッジ・エステートとサドブルック・パークの一部がリッチモンド・パークの一部となり、リッチモンド・ゲートからペンブローク・ロッジの間にテラス・ウォークが造られました。

1851年にはラッセル・スクールが建てられました。1872年には議会法により一般通行者の入園が許可されました。

20世紀に入ると、エドワード7世がかつては私用にのみ利用され、一般市民には閉鎖されていた森林のほとんどを含む園内を一般公開しました。

1915年には園内の平地部分にサッカーやクリケットのグラウンドが造られました。かつてグレート・パドックと呼ばれた王室の狩猟に利用されたシカの飼育地であったエリアにはゴルフ場が建設されました。

3.リッチモンドパークの見どころポイント4選

3-1 白壁が美しいジョージ王朝時代のロッジ

リッチモンドパーク

園内にはゲートハウス以外に6棟の建物があります。園の北側、ピーターシャム・ゲートを南に進み、プレイグラウンドの向こうに位置するペンブローク・ロッジは初代ラッセル伯ジョン・ラッセルの邸宅で、1847年には当時の首相ジョン・ラッセルが移り住みました。後には彼の孫であるバートランド・ラッセルが幼少期を過ごしました。

リッチモンドパーク