旅館でチップは必要?渡す場合のマナーやタイミング、相場とは

旅館 チップ

旅館に宿泊する際、チップのことが気にかかるという人も多いのではないでしょうか。

「渡すべきか、渡さざるべきか…」と気に病む人のために、そもそもチップは必要なのか、渡すならどんな場合、どのタイミングがいいのかをまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

1.一般的に旅館でチップを渡す必要はない

熟年世代の方と旅館に行くと、さりげなくチップ(※「心付け」とも言う)を包んで仲居さんに渡す場面に出くわすことがあります。

若い世代の人たちにとっては「旅館ではこうしなきゃいけないの?」と戸惑いのタネとなりますが、結論から述べると、今時の旅館でチップを渡す必要はありません。

一昔前は、「心付け」を渡すことで特別な計らいが受けられたり、サービスにバラつきが出る余地もあったようです。

でも今日では、旅館に着いた時点で通される部屋も夕食の段取りも決まっているので、仲居さんにチップを渡したからと言って、部屋や献立がランクアップすることはまずありません。

また、すべての宿泊客に一律にサービス料(宿泊費の10%程度)が課されているので、旅館に着いてすぐチップを渡すことにほとんど意味はないのです。

(人前で見栄を張りたいのなら話は別ですが…)

2.旅館でチップを渡す場合があるとすれば、どんな時?

渡す場面があるとしたら、それは「特別な計らいをしてもらった時」でしょう。

例えば以下のケースが考えられます。

・幼児や高齢者、身体の不自由な人がいることで特別な配慮を受けた時

・誕生日や記念日などで特別なお願いをしたり、お願いを聞いてもらった時

・体調を壊したりケガをした際に親身な対応を受けた時

・長期にわたる滞在でずっと同じ仲居さんにお世話になった時



旅館 チップ