佐賀の名産品特集!お菓子や食べ物、果物、海産物など厳選紹介

佐賀 名産

九州の北西部にある佐賀県に関しては、両隣の長崎や福岡に比べて明確なイメージを持っている人はさほど多くないのではないでしょうか。

しかし、佐賀は温暖な気候と山海の幸に恵まれ、たくさんの名産品があります。今回は広く佐賀の名産品をご紹介します。

【お菓子編】佐賀のおすすめ名産品特集

佐賀の名産お菓子①「松露(しょうろ)まんじゅう」

佐賀のお菓子として誰もが名をあげる「松露まんじゅう」は、カステラ生地の中にこし餡が包まれたお菓子です。

ボールのような真ん丸の形が愛らしく、ひと口サイズということもあり、お茶うけにぴったりです。優しい甘さで、子供から年配者まで、広く好まれているお菓子です。

佐賀の名産お菓子②「小城羊羹」

佐賀県の中央部にある小城市は、市内に20数件の羊羹メーカーが集まる羊羹の町です。近年では11月に町をあげての「ようかん祭り」も行われています。

一口に羊羹といっても練り羊羹から外側がシャリシャリの昔風羊羹、コーヒーや果物を使った変わり羊羹まで実にさまざまです。

【海産物編】佐賀のおすすめ名産品特集

佐賀の名産海産物①「イカ」

佐賀県唐津市の呼子(よぶこ)はイカの産地として知られ、町のあちらこちらで天日干しのイカが並んでいる光景を目にします。

また、呼子の朝市は日本4大朝市の1つともいわれ、イカをはじめ新鮮な海の幸目当てに多くの人が訪れます。

ケンサキイカ(ヤリイカ)やアオリイカの最盛期は冬から春先にかけてですが、イカ製品は年間を通して購入可能です。

佐賀の名産海産物②「海苔」

佐賀は海苔の一大生産地で、その生産量は毎年全国で3本の指に入っているほどです。そして、1人当たりの海苔消費量は全国一だとか。

佐賀海苔は、見かけは黒褐色ですが、火に炙るとかぐわしい香りが立ち緑色にかわります。食べれば口どけがよく、甘みを感じるのも特徴です。

佐賀の名産海産物③「ムツゴロウ」

有明海と八代海しか生息しないムツゴロウは、その独特な容貌で知られていますが、食べらていることはあまり知られていないようです。

佐賀では「ムツゴロウの蒲焼の甘露煮」が売られており、とても人気があります。ムツゴロウは頭から尻尾まで食べられ、栄養価も高いそうです。

【果物編】佐賀のおすすめ名産品特集

佐賀の名産果物①「イチゴ」



佐賀 名産