サンフランシスコの海沿いを歩くおすすめ観光&グルメツアーを紹介

サンフランシスコ

サンフランシスコと言えば、太陽に照らされ赤く輝く橋、坂の上から見下ろす街並み、港町だからこその食べ物の豊富さなど、世界でも人気の街です。

何日あっても足りないような大きな街をご想像する方もいるかと思いますが、実はすごく小ぶりな街で、数日あれば満喫できてしまうリーズナブルな街でもあるんです。

今回は、私がサンフランシスコに4年ほど滞在して特におすすめの観光スポットと穴場グルメを紹介していきます。特に海沿いを中心に歩くと、とてもサンフランシスコっぽさを味わうことができるので、海沿いエリアを中心に書いていきます。

1. サンフランシスコのオススメ観光&グルメスポット

1-1. フィーシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフは、サンフランシスコで最も人気の観光名所の一つです。連日、美味しいシーフードや港から見える景色を求めて、たくさんの観光客が訪れます。

ここは、19世紀のゴールドラッシュの頃から続いている漁師のための水揚げ所として栄え、獲れたばかりの魚やエビ・カニ類を水揚げする場所として、現在まで続いている歴史ある場所なのです。お土産屋さんもたくさんあるので、ここで買い物するのも良いでしょう。

ここは、海の匂いと美味しいシーフード一緒に食べながら、サンフランシスコらしさを一番感じることができる場所なので、特に私のお気に入りスポットとして、多く訪れていました。

1-2 フィッシャーマンズ・ワーフへの行き方

フィッシャーマンズ・ワーフへの行き方ですが、ダウンタウン中心のホテルに滞在している方は、パウエル駅の地上から出ているケーブルカーに乗り、フィッシャーマンズ・ワーフに行くのが一番お手軽で楽しく行けます。

ケーブルカーのサイドに乗り、立ちながら電車に乗り移動すると、まさにサンフランシスコの醍醐味を体験できることでしょう。

かなり時間はかかってしまいますが、歩いて行くことも可能です。街の中心から、フィッシャーマンズ・ワーフに向かって歩いていくと、途中にチャイナタウやリトル・イタリーがあり、歩くのもおすすめです。

1-3 Pier 42でシーフードを満喫!

ケーブルカーで、フィッシャーマンズ・ワーフへ着いたら、まずは腹ごしらえをしましょう。フィッシャーマンズワーフを正面に立ち、右に少し歩いていくと、Pier 42という場所があります。

ここは、シーフードのストリートフードがたくさんあり、サンフランシスコ湾でとれた新鮮な牡蠣やエビ、カニなどを食べることができます。

特におすすめなのが牡蠣!日本の繊細な味の牡蠣とは違い、とても大きく大味で美味しいので、是非食べてみて下さい。幸せになります。

また、カニのサンドウィッチもすごくボリュームがありおすすめ。お腹を空かせて、食べまくりましょう!

1-4 腹ごしらえが済んだら、有名なアシカをチェック!

腹ごしらえが済んだら、もう一度フィッシャーマンズ・ワーフに戻り、人気のアシカを見に行きましょう。ここもすごく人気のスポットで、アシカの日向ぼっこを見ることできます!

1-5. 訪れた人の声をチェック!



サンフランシスコ