三溪園の見どころ5選!桜や蛍、季節ごとの花は見逃せない

三渓園

三溪園のある横浜・本牧は、昔から美しい景色で有名でした。江戸末期から明治にかけて日本にやってきた外国人たちも、その景色をとても愛しました。その地に、大正の実業家、原三渓が造ったのが三溪園です。

東京ドーム約4個分の広大な敷地に、歴史的建造物が点在し、美しい季節の花々が咲き乱れます。初夏には蛍が、そして園内の大きな池には野鳥の群れが集います。

大都会横浜にありながら、歴史と自然を満喫できる横浜を代表する観光地です。今回の記事では、そんな三溪園の見どころについて紹介しています。

1.三溪園の見どころ5選!歴史的建造物は絶対にチェック

三溪園の見どころ①「関東で最古の木造の塔、旧燈明寺三重塔」

小高い丘の上に立っているので、三溪園のほぼどこからでも見ることができます。三溪園と言えば、この三重塔がランドマーク的存在です。

聖武天皇創建の京都燈明寺にあった、1457年(室町時代)に建てられた三重塔です。どの季節もいいですが、特に桜越しの三重塔はみものです。

三溪園の見どころ②「横山大観も滞在した鶴翔閣」

三溪園を造った原三渓の本宅で、1902年に建てられました。三溪園の出発点と言える建物です。横山大観はここに滞在し、屏風の作品を制作しました。

2000年に修復・整備が行われました。現在では、文化的催し(句会や茶会など)やコンベンション、パーティなどにも貸し出されています。後で詳しく書きますが、結婚式もできます。

三溪園の見どころ③「大名屋敷の重厚さは必見!臨春閣」

この建物は、1649年に建てられた旧紀州徳川家の別邸、岩出御殿だと言われています。内部の狩野派を中心とした障壁画と、欄間(らんま)がみごとです。大名の暮らしぶりが想像できます。

紀州藩から徳川家8代将軍となった徳川吉宗は、小さいころに、この岩出御殿を訪れたと言われています。幼い徳川吉宗の楽しそうな声が聞こえてくるかもしれません。

三溪園の見どころ④「千利休を守った身代わり灯篭」

臨春閣の奥には、千利休が刺客に襲われた時、体をかわし、千利休のかわりに刀を受けてくれたという身代わり灯篭がひっそりたたずんでいます。

一見、普通の灯篭ですが、そんな謂れを知ると見え方が違ってくるのが面白いです。

また、臨春閣の南西側には、秀吉が愛用し伊賀上野城主藤堂高虎に与えたという手水鉢もあります。そのような歴史的なものがさりげなく置かれているのがすごいです。

三溪園の見どころ⑤「秀吉が母の長寿を祈って建てた、旧天瑞寺寿塔覆堂」

旧天瑞寺寿塔覆堂(きゅうてんずいじじゅとうおおいどう)は、豊臣秀吉が母のために建てた寿塔を覆うための建物です。寿塔とは、長寿を祈って生前に建てるお墓のことです。その寿塔は、現在京都の大徳寺内龍翔寺にあります。

秀吉は、実母から深い愛情を受けて育ったと言われています。また、母、大政所は、秀吉と弟の秀長兄弟を支え続けました。そんな母への秀吉の思いが伝わってくる建物です。

三溪園には、ご紹介した建物を入れて、国の重要文化財指定の建物が10棟、横浜市指定有形文化財が3棟を含む17棟の建物が建っています。

2.三溪園で季節のイベントを楽しむ!知っておくべき情報まとめ

三溪園のイベント①「観梅会で春を先取り」

三溪園内には、600本の梅の木が植えられています。2月中旬から3月初旬に毎年、観梅会が開かれます。早咲きの梅から順番に満開を迎えます。

観梅会期間中は、園内のあずまや「初音茶屋」で100年前の茶釜を吊るして湯茶がふるまわれます。

三溪園のイベント②「横浜が誇る桜の名所」

三溪園は、横浜が誇る、知る人ぞ知る桜の名所です。園内には、300本の桜が植えられています。桜の季節には、「観桜の夕べ」が開催され、桜や建物がライトアップされます。

園内の三溪園茶寮で手焼き団子をいただきながら桜見物もいいですね。毎年4月上旬に満開を迎えますが、年によって開花状況が違いますので、HP等でご確認ください。

三溪園のイベント③「光のファンタジー 蛍の夕べ」

毎年5月下旬から6月初旬にかけて、三溪園では蛍の夕べが開催されます。園内で羽化した蛍が飛ぶさまは幻想的です。都会で蛍を見ることができるとは嬉しい限りです。



三渓園