旅行前に必見!サウジアラビアの文化や習慣、特徴をチェック

サウジアラビア 文化

旅行前にサウジアラビアの文化について知りたいと考えていませんでしょうか。サウジアラビアは世界第2位の原油埋蔵量を誇る国であり、イスラム教最大の聖地であるメッカのカーヴァ神殿を有する国でもあります。

日本から遠く離れ、イスラム教の国ということで馴染みはあまりない国ですが、それゆえに違いや驚きもたくさんあります。

今回の記事では、サウジアラビアの文化や習慣、特徴についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.サウジアラビアの文化や習慣、特徴を徹底紹介

1-1 サウジアラビアのコミュニケーション文化、人間性について

サウジアラビアの国民性

サウジアラビアの国民は「どの部族の出身か」、「どの宗派を信じるか」、「どの階級に属するか」ということがサウジアラビアという国の国民であることよりも強くアイデンティティに影響します。

時としてそれが対立に発展することもあるので、事情に疎い外国人は安易にそれらを話題にしない方が無難です。

サウジアラビアの言葉

サウジアラビアの公用語「古典アラビア語」ですが、日常の口語は「現代アラビア語」の変種です。

各地方で方言があるほか、フィリピン人のタガログ語など、人口の30%を超える外国人労働者が話す母語も聞くことができます。

サウジアラビアでのルール

厳格なイスラムのルールに則り、家族以外の男女は会話をすることを禁止されています。

ですが、ネットの発達した現代では、なりすましなどの手段で違法行為的なネット上の男女交際の例もあるようです。

祈りの時間

1日5回の祈りの時間がありますが、この時間は店の店員も仕事場を離れることが多々あります。

店に限らず、この祈りの時間にはあちらこちらで活動がストップするので、旅行の際にはそのつもりでタイトに予定を組まないのが無難です。

左手で物を渡さない

左手で物を渡すことは非常に失礼なことと捉えられます。また、物を受け取る時も右手を使います。

相手に対する気配り

サウジアラビアでは公の場で相手の顔をつぶさないよう気を配ります。

嫌いな相手に温かく接したり、商談が成立しなくても嫌な気分を和らげるために盛大な接待をするなどです。

親しくない人には素っ気ない

反対に、好きな相手や親しい間柄の相手には素っ気なく接することがあります。これは「わざわざ取り繕う必要のないほど良い関係である」ということなのです。

客のおもてなし

サウジアラビアでは客のもてなしは自宅で行うのが一般的です。

ですが、こちらがレストランなどに招待しても、欧米文化の習慣と理解しているので失礼とは捉えられません。

1-2 サウジアラビアの治安や街文化について

サウジアラビアの暦

サウジアラビアで公式の暦は、1年がグレゴリオ暦にくらべて11日ほど短いヒジュラ暦です。

そのため、例えば新年など同じ月日でも段々に季節がずれていきます。

ビザについて

個人入国を認めるビザが限られており、観光ビザは2017年現在、団体旅行に限られています。

個人の場合は公用ビザなどが発行されますが、特に女性の入国には厳しく、既婚者が原則で夫または男性の近親者同伴が条件になっています。

男性でも30才以上が原則です。

女性の権利について

他国に比べ、女性の権利が限られているのがサウジアラビアの特徴です。

結婚や就職、旅行などについて、女性は父や夫、または叔父などの「男性保護者」からの許可が必要です。

サウジアラビアの結婚について

9歳女子との結婚を認めるというイスラム法があるため、10歳前後での早婚も公に認められています。

結婚式の様子

結婚式では男女が別々の会場で集まり、新郎だけは女性の会場に入れますが、相互に行き来することができません。

女性の方は歌ったり踊ったりにぎやかですが、男性側は食事と会話だけになります。

裁判の様子

裁判などは全てアラビア語で行われ、被告が理解できなくてもお構いなく審議が進められていきます。

これは交通違反なども際でも同じで、外国人は非常に不利な立場に立たされます。

サウジアラビアでの罰

窃盗における手首切断や、飲酒の際なども鞭打ち刑などの身体刑が行われています。

スポーツ事情

スポーツではサッカーが人気ですが、一般的には暑さのため外で運動する習慣がありません。



サウジアラビア 文化