【東北最大級】仙台うみの杜水族館の観光見どころ、グルメ紹介

仙台うみの杜水族館

宮城県にある「仙台うみの杜水族館」は、2015年にオープンした、仙台港近くに位置する水族館です。

新しい水族館ではありますが、同県松島にあった「マリンピア水族館」の魚や動物たちを引き継いでいるので、宮城の歴史を受け継いだ水族館でもあります。

今回はそんな「仙台うみの杜水族館」に行ってきました。混雑状況や見どころポイントなどをご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

1.必ず見たい!仙台うみの杜水族館の見どころポイント

1-1 大水槽を使った迫力のプロジェクションマッピング

仙台うみの杜水族館

うみの杜水族館には、まるで三陸の海をすっぽりと切り抜いたような「いのちきらめくうみ」という大水槽があります。様々な海の生物が泳ぐ大水槽は、見ているだけでも楽しいですが、うみの杜水族館の大水槽は一味違いました。

なんと、大水槽が置かれている部屋全体を使い、天井、床、壁面360°に広がる大パノラマで、プロジェクションマッピングが行われていました。

大迫力の映像、音、そして海の生物たちによるショーを楽しむことができます。

1-2 東北最大級!うみの杜スタジアムで行われるイルカショー

仙台うみの杜水族館

水族館と言えば、イルカやアシカたちによるショーを楽しみに訪れる方も多いのではないでしょうか。仙台うみの杜水族館のショーエリアは東北最大級で、ぐるっと半円状に、ステージを囲うように座席が設置されていました。

ショーの開始時間ギリギリに会場に向かいましたが、後ろの方はまだぽつりぽつりと空いている席がありました。日曜日に行ったので、混雑が激しくなかったというのもあるかもしれません。土曜日や大型連休などの場合は、余裕を持って着席していたほうが良さそうです。

ショーはイルカとアシカがコミカルな動きをしていて、可愛らしかったです。イルカが見せる大ジャンプに会場が「おー!」っと歓声を上げていました。子供から大人まで、年齢関係なく楽しむことができます。

1-3 頭上を歩く可愛いペンギンたち

仙台うみの杜水族館

仙台うみの杜水族館のペンギンエリアは、2つに分かれていていて、その2つのエリアはガラス階段で結ばれています。

ガラス階段の真下は通路になっているので、階段を跳ねながら移動する可愛いペンギンの姿を、下から見ることができました。

横からペンギンを見ることはあっても、下からペンギンを見るというのは珍しいです。

1-4 幻想的なクラゲゾーン

仙台うみの杜水族館

水槽の中をゆらゆらと舞うクラゲ、お好きな方も多いのではないでしょうか。仙台うみの杜水族館のクラゲゾーンは照明が暗くなっていて、クラゲが幻想的に照らし出されていました。

また、壁にもクラゲの映像が映し出されています。他のエリアとは異なる雰囲気が漂い、癒しの空間が広がっていました。

2.仙台うみの杜水族館にある子供が喜ぶポイント紹介

2-1 海底戦隊!アクアレンジャーと写真を撮ろう

仙台うみの杜水族館

仙台うみの杜水族館には、水族館を守るヒーローがいます。その名も「海底戦隊!アクアレンジャー」。小さいお子さんを連れて行ったときは、ぜひアクアレンジャーと一緒に写真を撮ってみてください。

カメラを向ければ、レンジャーたちがカッコよくキメポーズを取ってくれます。

2-2 仙台うみの杜水族館公式キャラクター「モーリー」

仙台うみの杜水族館

ペンギンの「モーリー」は、仙台うみの杜水族館の公式キャラクター。ギフトショップには、可愛らしい「モーリー」のお人形が並んでいました。

ぎゅっと抱きしめられるような大きなサイズから、ストラップなどの小さいギフトまで、品ぞろえが豊かです。水族館のお土産として、モーリーのギフトを選んでみてはいかがでしょうか。

3.仙台うみの杜水族館のおすすめグルメ

うみの杜水族館の1階にはフードコートが広がっています。混雑はそれほどひどくありませんでした。食べ物の提供もスピーディーなので、ストレスなく利用することができます。

いくつかおすすめのグルメをご紹介していきます。

3-1 石巻発!シャケだしラーメン

仙台うみの杜水族館

シャケが入ったラーメンです。お値段は800円。生臭さなどは一切なく、シャケの旨みがほんのり感じられる味噌ベースのラーメンでした。ワカメの他、宮城で有名な仙台麩がトッピングしてあります。

仙台うみの杜水族館