浅草寺のご利益まとめ!縁結びから安産、厄除け、商売繁盛まで

ご利益

浅草デートする方におすすめ関連記事

【浅草の体験スポット】
浅草のおすすめ体験スポット9選!提灯やとんぼ玉体験のお店も掲載

【浅草神社について】
意外と知らない浅草神社を紹介!御朱印からご利益、歴史まで

【浅草のデート】
浅草のおすすめデートスポット5選

【浅草のお土産】
浅草のお土産を徹底調査!日持ちするおすすめ土産から雑貨まで

2.浅草寺で授与されているお守りのご利益は?

多岐にわたるご利益をもたらしてくれる浅草寺には、それに見合うだけのバラエティ豊富なお守りがあります。ここでは主なものをご紹介します。

浅草寺にあるお守りのご利益①「蓮弁守」

蓮の花びらの形をした金色の観音像が袋の中に入った、少し重量感のあるお守りです。ご利益は病気平癒、健康長寿。値段は1,500円です。

浅草寺にあるお守りのご利益②「災難除守」

二つ折りのお守りで、本のように開くと風神雷神が宿った三角形のお札が入っています。ご利益は厄除消除。値段は800円です。

浅草寺にあるお守りのご利益③「金鱗守」

龍の鱗をかたどったお守りで、表には干支にちなんだ守り本尊が梵字で書かれています。ご利益は開運招福、良縁招結、海上厄災消除。値段は500円です。

浅草寺にあるお守りのご利益④「安産守」

お守りとお札のセットで、紙に包まれた少量の米が一緒に入っています。出産予定日の10日前位にいつもの米と一緒に炊いて食べるとより効果的とのことです。値段は1,000円です。

浅草寺にあるお守りのご利益⑤「銀守」

中に観音様が入ったロケットペンダント型の銀製のお守りです。ご利益は開運招福、良縁招結、海上厄災消除。値段は10,000円です。

浅草寺にあるお守りのご利益⑥「愛染宝弓(あいぜんほうきゅう)」

元旦から7日間に限って購入できる、弓矢の形をした3本のお守りです。ご利益は縁結び、学業成就、開運。値段は3,000円です。

3.浅草寺にある煙のご利益にはどんな意味があるの?

宝蔵門と本堂の間にある香炉は、常に煙が上がっていることから「常香炉」と呼ばれており、多くの人が本堂へお参りする前にここで線香の煙を浴びています。

参拝前に煙を浴びるのは自分のけがれを落として清めるためとされていますが、ご利益として邪気をはらう、あるいは体の悪い部分に当てることで病気平癒の祈願になるとも言われています。

ちなみに仏門の修行においては、座禅や説法を行う際の最低限の作法として、煙を浴びて体臭や足の臭いなどの生活臭を消すという目的があるそうです。

4.スペシャルな1日!46000日分のご利益がある日とは?

毎年7月9・10日は、観音様の縁日「四万六千日(しまんろくせんにち)」です。古来より、観音様とご縁のある日「縁日」にお参りすると大きなご利益があるとされ、7月10日はそのご利益が46000日分(126年間)もあると言われてきました。

そして10日に一番乗りしたい人々が前日から数多く集まるようになったため、9日も四万六千日の縁日と見なされるようになったとのことです。

浅草寺ではこの日に合わせて、浅草の夏の風物詩と言われる「ほおずき市」が開催されるため、境内は大盛況となります。

なお、この四万六千日限定で、竹の棒の先に三角形のお札が付いた「雷除守」(500円)と、持ち運べるタイプの「災難除守」(800円)が授与されます。

「災難除守」はふだんも購入できますが、この2日間のみ「四万六千日」と書かれた特別バージョンとなっています。なくなり次第終了の早い者勝ちですので、手に入れたい方は早い時間からの参拝をおすすめします。

ちなみに「四万六千日」と書かれた二日間限定の御朱印もあり、影向堂で授かることができます。「所願成就」という懐の深さで年間3000万人以上の参拝客が集う、都内有数のパワースポット浅草寺です。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。外国人にも人気観光地である浅草寺のご利益について紹介いたしました。

浅草デートする方におすすめ関連記事

【浅草の体験スポット】
浅草のおすすめ体験スポット9選!提灯やとんぼ玉体験のお店も掲載

【浅草神社について】
意外と知らない浅草神社を紹介!御朱印からご利益、歴史まで

【浅草のデート】
浅草のおすすめデートスポット5選

【浅草のお土産】
浅草のお土産を徹底調査!日持ちするおすすめ土産から雑貨まで



ご利益