【厳選】大事な人に渡したい!島根県で買うべきお菓子のお土産

島根 お土産 お菓子

島根県を観光した後、お土産にはどんな物が良いだろうと悩んでいませんでしょうか。

八百万の神々が集まる出雲大社を有し「神話の国」ともいわれる島根県は、松江藩7代藩主だった松平治郷が茶人だったこともあり、和菓子が発達しました。

今回は和菓子を中心に、島根のお土産におすすめのお菓子をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.島根県に訪れたら買うべきお土産!定番のお菓子4選

1-1 島根の定番、名物お菓子「若草」

松江藩7代藩主だった松平治郷は「不昧公(ふまいこう)」と言われ、島根には彼が好んだ3つの銘菓があります。この「若草」はその一つです。

柔らかな求肥に薄緑色の寒梅粉をまぶした「若草」はいくつかの和菓子処で製造されていますが、彩雲堂のものが有名です。

新緑がまぶし春の景色を連想させる「若草」は、お茶と一緒に食べるのが互いの味を引き立てておすすめです。

詳細ページ

1-2 島根の定番、名物お菓子「山川」

「山川」は紅白2種類の落雁が一緒になったもので、サイズが大きく、手で割って食べます。紅が紅葉、白が川の流れを表現しているそうです。

落雁ですが、しっとりとしたタイプのもので、口の中ではサッと溶けてお茶によく合います。上の「若草」と同じく、7代藩主松平治郷が好んだ「不昧公3銘菓」の1つです。

いくつかの菓子処で製造されていますが、昔のレシピを復刻した風流堂のものが有名です。

詳細ページ

1-3 島根の定番、名物お菓子「菜種の里」

「不昧公3銘菓」の3つ目は「菜種の里」です。「菜種の里」はクチナシで染められた真っ黄色の落雁で、大きなものを自分で割って食べます。ザックリとした口当たりの中にしっとり感も感じられるお菓子です。

ところどころに散らされている白い玄米は、黄色い菜の花畑に飛ぶモンシロチョウをイメージしています。このお菓子は他の2つを違い、三英堂でしか製造されていません。

詳細ページ

1-4 島根の定番、名物お菓子「俵まんぢう」

俵屋菓舗の製造する「俵まんぢう」はテレビなどでも紹介され、出雲大社参拝の折に観光客が買い求める定番みやげの1つで、カステラ生地の中に白餡が包まれたお菓子です。

形は、国造りの神、縁結びの神として名高い大国主命(オオクニヌシノミコト)が足をかけている俵をかたどっています。

中に入っているのは白餡、これは俵の中の白米にちなんだものだそうです。

詳細ページ

2.島根らしいおすすめのお土産!喜ばれる美味しいお菓子5選

2-1 島根らしいお土産「縁結びどら焼き」

出雲大社は、若い世代の間では縁結びとして大人気のスポットです。福田屋の「縁結びどら焼き」は、職人がじっくり焼き上げましたふんわりしたどら焼きです。

包みの中には出雲大社で祈願した「開運おみくじ」が入っていて、恋占いができます。

地元産の卵を使って焼いた生地は柔らかく香りも高く、中の餡は「小豆どらやき」の他に「抹茶どら焼き」「バターどら焼き」もあります。賞味期間は15日です。

詳細ページ

2-2 島根らしいお土産「しまねっこクッキー」

黄色い猫のゆるキャラ「しまねっこ」は、島根県の観光キャラクターです。頭には神社の屋根の形をした帽子をかぶっていますが、これは出雲大社に限らず、島根県内の神社全体を表しているそうです。

この「しまねっこ」がプリントされたクッキーは思わず表情が崩れるかわいらしさ。サックリ美味しくて、味にも満足です。



島根 お土産 お菓子