静岡の名産は魅力が満載!お菓子や果物、お魚、お土産も紹介

静岡 名産

静岡県のHPを見ると、「ふじのくに静岡」と名乗っていますが、静岡の魅力を一言でうまく言い表したネーミングです。

静岡県は、太平洋に面し、陽光がさんさんと降りそそぎ、日本一の富士山からの清らかな水の恵みもいっぱいです。東海道新幹線や東名高速道路が走り、交通の便もバッチリです。

今回の記事では、静岡県の魅力いっぱいの名産品をご紹介します。

静岡の代表的な名産はやっぱり「お茶」生産高日本一

「寿司食いねぇ」で有名な浪曲「森の石松」は、「旅ゆけば、駿河の国に茶の香り」で始まります。

昔から静岡の名産品と言えば、お茶が一番でした。宇治茶、狭山茶と並ぶ日本三大茶の一つですが、静岡茶は、生産量日本一を誇ります。

静岡茶の魅力は、何と言っても「深蒸し煎茶」の時間をかけて蒸される茶葉の繊細な味わいです。お茶はヘルシーな、ノンカロリードリンクです。

お茶のカテキンは風邪予防にも効果があります。

【果物編】静岡のおすすめ名産品特集

静岡のおすすめ名産果物①「みかん」

静岡のミカン栽培は古く、奈良時代にまで遡ると言われています。さんさんと降りそそぐ陽光は、ミカン栽培に適しています。静岡のみかんは、栽培面積、生産量とも全国第3位です。

なかでも「三ケ日みかん」は、静岡ミカンのトップブランドです。その甘みと酸味のハーモニーに人気があります。

静岡のおすすめ名産果物②「イチゴ」

小学校の社会で、静岡と言えば「石垣イチゴ」と習ったのを覚えていませんでしょうか。陽光に温められた有度山の南斜面の石垣を利用して栽培されているのが石垣イチゴです。

石垣イチゴだけに限らず、静岡の温暖な気候はイチゴ栽培に最適です。ベストな環境で、さまざまな品種のイチゴを楽しめます。産地では、作りたての無添加ジャムやイチゴ大福も買えます。

【海産物編】静岡のおすすめ名産品特集

静岡のおすすめ名産海産物①「ウナギ」

静岡県の浜名湖は、ウナギ養殖発祥の地として有名です。生きたまま出荷されたり、白焼きや蒲焼に加工されて出荷されたりします。

ウナギの稚魚不足で、ウナギ価格の高騰が続き、一般の人には、高値の花状態が続いていますが、日本人ですもの、やっぱり土用の丑の日には、おいしい浜名湖のウナギが食べたいですね。

静岡のおすすめ名産海産物②「桜えび」

日本で唯一、桜えびが水揚げされるのは、静岡県の駿河湾だけです。特に、静岡県由比漁港周辺では、桜えびまつりが開かれ、桜えびのまちとして売り出しています。

生桜えびが食べられるのは、静岡だけという、究極の地域限定グルメです。沖漬け、かき揚げ、丼など桜えび三昧が楽しめます。

【香辛料編】静岡のおすすめ名産品特集

静岡のおすすめ名産香辛料①「ワサビ」

ワサビの英語名をご存知でしょうか。英語でも、wasabiといいます。つまり、ワサビは日本を代表する香辛料です。

静岡 名産