巣鴨でデート!おすすめの観光スポット、食べ歩きポイント紹介

巣鴨 デート

豊島区にある巣鴨は、中山道沿いの町として江戸中期から賑わっているエリアです。明治24年(1891年)に高岩寺が移転してきてからは門前町としても栄え、多くの参拝客を迎え入れています。

数年前までは「おばあちゃんの原宿」と呼ばれ、元気なお年寄りのイメージが強かった巣鴨ですが、近年では若者にも人気のスポットになっています。

今風のトレンディーな観光名所があるわけではありませんが、賑やかさと落ち着きをあわせもった温かな下町の雰囲気が若い世代をも惹きつけるようです。

今回は巣鴨とその周辺のデートにおすすめのスポットをご紹介します。

1.カップルで訪れたい!巣鴨のおすすめデートスポット

巣鴨のおすすめデートスポット「高岩寺」

「高岩寺」は病気平癒のご利益がある「とげぬき地蔵尊」として知られる寺院です。

本尊の地蔵尊は秘仏なので拝観できませんが、「洗い観音」といわれる観音像の体に水をかけて病気治癒を願います。

「御影」で更なるご利益

「御影」は高岩寺で売られている「飲むお札」とも呼ばれるもので、秘仏の本尊が印刷された小さな紙です。これを患部に貼ったり、飲んだりすることで病気平癒に効果があると言われています。

どこか調子の悪いところがあったら試しに買ってみてはいかがでしょう。体の不具合に悩む人へのお土産にも人気がある品です。

オリジナル耳かきはいかがでしょう?

高岩寺の境内に店を構える「原田の耳かき」は、その人だけのオリジナル耳かきを作ってくれます。

耳穴の形に合わせて竹を削ってもらえば、最高の掻き心地の一品の出来上がり!長さや竹の種類などオプションで選べます。

巣鴨のおすすめデートスポット「眞性寺」

「眞性寺」の地蔵菩薩は江戸の出入り口に祀られた六地蔵の1つで、古くから旅人の安全を見守ってきました。

この地蔵菩薩が造られたのは1714年といわれ、有名な高岩寺の地蔵尊より昔から「巣鴨のお地蔵さん」として親しまれています。

「眞性寺」は巣鴨駅のすぐそば、地蔵通り商店街の入口近くにありますので、忘れずに参拝してください。

巣鴨のおすすめデートスポット「巣鴨地蔵通り商店街」

巣鴨駅北口から、旧中山道に沿って続いているのが、全長800mの「巣鴨蔵通り商店街」です。約200件の商店が軒を連ねていて、下町らしいお店もたくさん。

普段から人通りが多く食べ歩きやお土産探しを楽しめますが、縁日の4の付く日は特に賑わいます。

マルジ

「巣鴨地蔵通り商店街」の中で特に有名なのは衣料品店の「マルジ」です。幅広い商品をリーズナブルな値段で販売しているだけでなく、テンションが上がる赤い衣類で有名な店です。

中でも赤いパンツは巣鴨のトレードマークともいえるもので、マルジがこの商店街に展開している4店舗のうち1つは何と赤パンツの専門店です。名物店なので、覗いてみるだけでも面白いですよ。

2.一緒に楽しもう!巣鴨でおすすめの食べ歩き&食事処

巣鴨の商店街で楽しいのは食べ歩き。あの店この店の美味しそうなものを食べ歩くだけでお腹が満たされますので、巣鴨へはお腹を空かせて行くことをおすすめします。

巣鴨のおすすめグルメ「ごま福堂」

ゴマの専門店「ごま福堂」のソフトクリームにはすりゴマがたくさんかかっています。

ゴマのふくよかな香りと食感、豆乳入りアイスのまろやかさがマッチして大人気です。

巣鴨のおすすめグルメ「雷神堂」

東京を中心に数多くの店舗を展開する、せんべいの「雷神堂」は巣鴨が本店です。

100種類を超えるせんべいの中には黒胡椒や唐辛子の味がついたもの、醤油を10度づけしたもの、地蔵尊の形をしたものなどさまざまな変わり種があります。

せんべいに名前を入れてもらうこともできます。1週間から10日ほど時間がかかるそうなので、デートに日に合わせて事前に頼んでおくと良いですね。2人の名前が入ったせんべいはデートの良い記念になります。

巣鴨のおすすめグルメ「松月堂」

「松月堂」は高岩寺の正面にある和菓子店で、お地蔵さんの形をした「地蔵最中」で有名です。

こちらでは是非、巣鴨名物の塩大福を。手作りされている塩大福は優しい甘みとほのかな塩気がマッチした上品な味です。

巣鴨のおすすめグルメ「すがもめろんパン」

メロンパンも今では巣鴨名物の1つになりました。

都電荒川線の庚申塚駅に近い「すがもめろんパン」ではチョコチップやクルミの入ったメロンパンや、クロワッサンメロンパン、メロンパンラスクなどバリエーション豊かなメロンパンが並んでいます。

巣鴨のおすすめグルメ「雪菓」

暑い時期はかき氷が食べたくなります。「雪菓」では富士山の天然氷を使い、こだわりのシロップがかかったふわふわのかき氷を食べることができます。

フレーバーはたくさんありますが、メディアでも話題になった「納豆きなこ」味にトライするのはいかがでしょう。冬には冬季限定のメニューもありますので、夏に限らずどうぞ。

巣鴨のおすすめグルメ「八ツ目やにしむら」

お腹にたまるものを食べたい人には「八ツ目やにしむら」がおすすめです。大正時代から続いているうなぎ料理の老舗で、目に良いとされる八ツ目うなぎを食べることができます。

備長炭の香りと秘伝のタレをまとった肉厚のウナギに満足度120%請け合いです。

3.足を延ばしても訪れたい!巣鴨近郊のデートスポット

巣鴨の周辺には、デートにおすすめの場所が他にもありますのでご紹介します。

六義園

「六義園(りくぎえん)」の最寄り駅は駒込ですが、巣鴨駅からも徒歩15分弱の距離です。

六義園は江戸5代将軍家綱の家臣、柳沢吉保の下屋敷だった場所で、彼自らが設計した回遊式築山泉水庭園は江戸の2大庭園にも数えれていました。

四季を通して美しい景観が楽しめ、デ―トでまったり散歩するにもおすすですが、特に春の桜を秋の紅葉の時期はライトアップもされ、遅い時間まで楽しめますよ。

旧古河庭園

「旧古河庭園」は巣鴨駅から徒歩約20分の距離にある、国の名勝指定もされている美しい庭園です。元は明治の元勲・陸奥宗光の邸宅だった場所で、洋館を中心に洋風庭園と日本庭園の両方があります。

洋風庭園には90種類ほどのバラが植えられ、時期になると甘い香りが庭に漂いデートにはぴったりの雰囲気です。

染井霊園

巣鴨駅から10分弱、白山通りをはさんで高岩寺の向かいに位置する「染井霊園」は桜の名所、ソメイヨシノは染井の地名から名づけられました。

桜の時期でなくても、霊園内には二葉亭四迷や岡倉天心、高村光太郎と妻智恵子などの著名人のお墓がありますので、興味があれば案内板を参考にするか、事務所で「染井霊園案内図」をもらって散策すると良いでしょう。

しばらく前に「墓マイラー」なる言葉が流行りましたが、お墓巡りもちょっと変わったデートとして面白いです。

4.まとめ

巣鴨とその周辺のデートスポットをご紹介しました。今や若者にも人気の巣鴨エリア。

派手さは少ないかもしれませんが、温かみがあり落ち着いた時間が持てるはずです。是非足を延ばしてみてください。

巣鴨 デート