北欧の自然と豊かな海!スウェーデンで買いたいお土産ベスト16

スウェーデン お土産

スウェーデンといえば、北欧の自然の美しさと冬の厳しさ、高福祉で環境先進国。バイキングやノーベル賞といった伝統、そして、IKEAやH&M、VOLVOなどグローバルな時代の先端の国でもあります。

今回の記事では、あらゆるものが調和をもって融合するスウェーデンで買いたい、ふさわしいお土産をチョイスしました。お土産選びの参考になさってください。

1.スウェーデンらしい定番のお土産ベスト4

1-1 ノーベル賞 メダルチョコレート

毎年秋のノーベルウィークになると、今年は日本人ではだれが受賞するだろうかと、にぎやかになります。そして、日本の受賞者が大量買いすることで有名なノーベル賞のメダルをかたどったメダルチョコレート。スウェーデンに行ったら、ぜひ手に入れたいお土産です。

こちらの商品は、ノーベル博物館で買えます。ノーベル博物館に併設されているカフェでは、受賞者がサインした椅子に座って、授賞式に出されたデザートをいただけます。

ノーベル賞のメダルチョコレートの紹介ページ

1-2 KOBBSの紅茶

KOBBS(コブス)は、スウェーデンで最も古いお茶の会社です。フェアトレードやオーガニックに力を入れているのもうれしいです。こちらの紅茶は、特にフレーバーティーがおすすめです。

パッケージもキュートなので、お土産にぴったりです。ヤグルマギクやオレンジの花のフレーバーはいかがでしょうか。

KOBBSの紹介ページ

1-3 スウェーデンのキャビア

世界3大珍味の一つであり、高級食材の代表格であるキャビアですが、スウェーデンはじめ北欧諸国では、普通に食べられています。ただし、日本のキャビアは、チョウザメの卵で、真っ黒いものですが、こちらでは、魚の卵全般を言います。

だから、バリエーションも豊富。食べ方は、クラッカーの上のサワークリームやチーズの上にのせていただきます。スーパーではたくさんの種類がありますので、お好みをどうぞ。

緑キャビアは、タラの魚卵の白キャビアに色付けしたものですが、なんとわさび味なので、おつまみに合いそうです。

キャビアの紹介ページ

1-4 キネッキブロード

キネッキブロード(クネッケブロートとも)って、聞いたことありますでしょうか。キネッキブロードとは、パンを乾燥させて仕上げた、スウェーデンの家庭の常備食です。

スウェーデンでは、様々なメーカーが、多彩なキネッキブロードを販売しています。日持ちがしますし、軽いですから、お土産に最適です。日本で、スウェーデンの食事を思い出しながら食べるといいです。

クネッケブロートの紹介ページ

2.北欧スウェーデンの雑貨のお土産ベスト4

2-1 ダーラヘスト

ダーラヘスト(ダーラナ馬、または、日本では、ダーラナホースとも言われています)は、ダーラナ地方の伝統工芸品である木彫りの馬です。「幸せを運んできてくれる縁起物の馬」として人気です。北欧では、馬、とりわけ赤い馬は縁起がいいと言われています。

そして、いまなお職人さんが一つ一つ手作りしています。昔はダーラナ地方の、そして今ではスウェーデン全体の象徴と考えられています。スウェーデン旅行の記念にぜひ、連れて帰ってください。

ダーラヘストの紹介ページ

2-2 木製バターナイフ

スウェーデンの家庭には、必ず木製のバターナイフがあり、それを大切に使い続けています。暖かみがあり、経年変化を楽しめる素敵なキッチンツールです。

お店やスーパーでいろいろなデザインのものを売っていますので、お気に入りのデザインを見つけてください。

木製バターナイフの紹介ページ

2-3 スポンジワイプ

最近、日本でもふきんの代わりにスポンジワイプを使うご家庭が増えてきました。吸水性と速乾性が自慢です。そして、デザインが豊富でどれもかわいいものばかりです。

スウェーデン お土産