一度は訪れたいハイジの国!スイスの文化や特徴、習慣を知ろう

スイス 文化

アルプスの少女ハイジの舞台でもあるスイスの文化について知りたいと思っていませんでしょうか。雄大な自然があるスイスは、そびえ立つアルプス山脈や青くきらめく湖など、魅力的な国ですので旅行に訪れる人も少なくありません。

今回はそんなスイスの文化について、ご紹介していきます。食文化や生活様式など、スイス旅行がさらに楽しくなるような情報を集めました。ぜひ参考にしてください。

1.文化を知る前にチェック!スイスの公用語とは

スイスの公用語は、ドイツ語やフランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つです。公用語が4つもあるというのは、日本人の感覚からすると驚く人も多いのではないでしょうか。

言語圏ごとに違った文化が栄えているので、旅行先でそれぞれの文化を体感してみるのも楽しいでしょう。

2.旅行前の醍醐味!スイスの食文化について

ご紹介した通り、スイスには4つの公用語があり、それぞれが違った文化を持っています。スイス全土で食べられる「スイス料理」というものは存在せず、言語圏ごとに違った料理を楽しむことができます。

スイスの観光地では別の言語圏の料理を食べることも可能ですが、せっかくならその土地で、その言語圏の料理を食べるのがおすすめです。

2-1 スイス西部の食文化「チーズフォンデュ」

スイスというとチーズを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。日本人女性からも人気を集めているチーズフォンデュは、スイスの西部ヴァリス地方の料理です。

スイスでは鍋に2〜3種類のチーズを入れ、白ワインで溶かし、パンに絡めて食べます。お店によってチーズの配合が異なり、味の違いを楽しむことができるので、1つのお店だけでなく複数のお店で食べてみるのもいいでしょう。

フォンデュ(fondue)はもともとフランス語で「溶ける・溶かす」という意味を持ちます。一般にただフォンデュという場合には、チーズフォンデュのことを指します。

詳細ページ

2-2 スイス西部の食文化「ラクレット」

大きな円盤状のラクレットチーズを半円に切り、切り口を温め、溶け出したチーズをナイフですくって、茹で野菜などにかけて食べるのがラクレット。

この料理もスイス西部のヴァリス地方の郷土料理で、ラクレット用の卓上ヒーターもあるほどに現地ではよく食べられる料理です。

詳細ページ

2-3 スイス東部の食文化「ビュンドナー・ゲルシュテンズッペ」

ズッペとはスープの意で、ビュンドナー・ゲルシュテンズッペとは大麦入りのスープです。スイス東部のグラウビュンデン州の代表的な郷土料理で、細かく切った野菜や、ベーコンなどを使い、じっくり煮込んで作られます。

もともとは冬場の保存食であり、冬の厳しい寒さを乗り切るための栄養がたっぷりと含まれた、素朴でどこか懐かしいような味わいのスープです。

詳細ページ

2-4 スイス、ベルン地方の食文化「レシュティ」

レシュティとはスイスの首都が位置するベルン地方の郷土料理で、付け合わせとしてよく食べられる料理です。短冊状に切ったじゃがいもを茹で、フライパンでホットケーキのように丸く焼き上げます。

ソーセージと一緒に提供されることが多く、なかなかボリューミーなので、これだけでお腹いっぱいになってしまうかもしれません。

詳細ページ

3.日本とは違う!異なるスイスの生活文化について

日本人が日常的に行う動作や行いが、スイスでは真逆の意味になってしまったり、失礼な行動とされるものがあります。旅行に行くときは気をつけてください。

3-1 「おいで」という手招きのジェスチャー

「こっちにおいで」という意味で、日本では手のひらを下に向け、ぱたぱたと手を動かしますが、この動作、スイスでは真逆の「あっちに行け」という意味になります。



スイス 文化