台湾の文化は日本とソックリ!特徴や習慣、違いなども徹底紹介

台湾 文化

台湾へは、日本からは4時間弱で行くことができます。そのうえ、治安も比較的安全で、気候も穏やか、食べ物もおいしいなど、日本人の海外旅行の目的地としては、年々人気が増加しています。

少々古い資料ですが、2016年に台湾を訪れた日本人は、190万人弱となっています。そんな台湾ですが、行く前に、台湾のことをよく知ってから行けば、旅行もより楽しくなること間違いありません。

今回の記事では、台湾の文化や習慣、特徴をご紹介します。日本との違い、共通点も記載していますので、ぜひ参考にしてください。

1.台湾の文化は日本とソックリ!特徴や習慣、違いなども紹介

1-1 台湾は、多民族国家

台湾は小さな国ですが、多民族国家です。「台湾は多民族国家」と言われると、「えっ?」と思うかもしれません。もともと台湾にいた原住民、1945年以前に台湾に来た本省人、1945年以降、台湾に来た外省人に分けられます。

今では、民主化が進み、民族対立のような問題は起こらず、「台湾人」としての意識を持つ人の方が多いようです。

しかし、95%以上が同一民族であるといわれる日本では、「あ、うん」の呼吸で話が通じるかもしれませんが、台湾ではそういうわけにはいきません。

1-2 台湾の治安、街文化の違い

台湾の治安は、基本的に、日本と同じと考えていいと思います。でも、そこは、言葉も違うし、外見も観光客然としているわけですから、用心しすぎることはないと思います。

ただ、交通については、日本と反対の、車が右側通行なので、十分注意する必要があります。

それと、台湾は、どちらかというと夜型文化です。有名な夜市が、平日の夜でも、遅くまでにぎわっていることからもわかります。日系デパートでさえ、午後10時閉店なので、夕食後にも行けます。

1-3 台湾の交通文化の違い

台湾は、島を一周するように走る鉄道網、日本の新幹線技術を採用した新幹線、また、台北市内を縦横に走るMRTなど、公共交通機関が発達しています。うまく使えば、安くて便利です。

そのうえ、MRTは、とても清潔で快適です。ただ、車内の全面禁煙は言うまでもなく、飲食(ガムも)やごみ捨てが禁止です。違反すると、罰金を取られますから、気を付けてください。

それと、台湾の皆さんはお年寄りに席をよく譲ります。これは、見習いたいです。

また、個人的に台湾旅行をしてびっくりしたことですが、台湾タクシーは結構スピードを出します。また、追い抜き追い越しも当然のようにするので、そこは日本と違いました。

1-4 台湾の食文化の違い

台湾の食文化を一言で表すなら、外食文化と言えるでしょう。有名な夜市に行くと、老若男女が毎夜、屋台で食事をしています。また、街を歩くと、屋台や簡易食堂も至る所にあって、朝食から食べています。

それは、台湾、特に大都市の住宅事情と関係があります。賃貸住宅の多くの場合、キッチンがない物件が多いのです。だから、外で食べることになります。

また、覚えておきたいマナーとして、台湾では、麺料理で、音を立ててすするのはNGです。ご注意ください。

台湾 文化