気になる紅茶の種類一覧や効能を紹介!特徴や違いも教えます!

紅茶種類

世界中で飲まれている紅茶の種類について知りたいと考えていませんでしょうか。紅茶の起源は、中国の福建省周辺と言われており、中国では、紀元前からお茶が飲用されていました。

シルクロードや大航海時代の東方貿易を通じて、お茶がヨーロッパへ伝わり、更に紅茶となって世界中へ広がっています。

今では日常的に親しまれている飲み物です。今回の記事では、紅茶の種類や効用、美味しい飲み方についてご紹介します。ぜひ、自分に合った好みの紅茶を見つけてください。

1.紅茶の基本的な知識について

紅茶種類

紅茶には種類の違いや効用など、それぞれに特徴があります。ここでは、紅茶の効用、主な生産国と茶葉の基礎知識、美味しい飲み方など、知っておきたい紅茶選びの基本についてご紹介します。

紅茶の木と茶葉について

紅茶の茶葉は、新芽とその下についている2〜3枚の葉を軸につけたまま摘み取ります。1本の軸に2枚の葉がついているものを「一芯二葉」、3枚の葉がついているものを「一芯三葉」と言います。

お茶の木の先端には、白いうぶ毛で覆われた新芽があり、これをフラワー・オレンジ・ペコーと呼びます。花のような香りから最高級の茶葉とされています。新芽の次にある小さな若葉はオレンジ・ペコーと呼ばれています。

通常、上質の紅茶に使用されている茶葉は、新芽の次にある2枚の葉です。3枚目の葉は、マザー・リーフと呼ばれています。

これは、葉の付け根に小さく伸びた新芽があるからです。量産用には、3枚の茶葉を使います。

2.紅茶の主な成分と嬉しい9つの効用について

紅茶の効能

紅茶は、私たちの日常に癒しを与えてくれるだけでなく、体に優しいヘルシーな飲み物として注目されています。ヨーロッパに紹介された当時は、「東洋の神秘薬」として伝えられたそうです。

紅茶の効能①「タンニン」

タンニンは、ポリフェノールの一種。強い抗酸化作用があり、活性酸素などから体を守ってくれます。

血液を固まりにくくする作用もあり、生活習慣病の予防につながると言われています。また、紅茶特有の渋味とコクを生み出しています。

紅茶の効能②「カフェイン」

カフェインは、脳を刺激して思考を高める働きがあります。眠気を防いで、作業能力や運動能力を向上させ、新陳代謝や皮下脂肪の燃焼を促します。

利尿作用もあり、肝臓の働きを助けるなど疲労回復やダイエットにも良いとされています。

紅茶の効能③「テアニン」

テアニンは、紅茶の甘みや旨みの成分でアミノ酸の一種です。紅茶に含まれるカフェインの作用を抑制して、気持ちをリラックスさせます。

このため、紅茶の覚醒作用はコーヒーに比べて穏やかです。同時に、紅茶の口当たりも穏やかにします。

紅茶の効能④「フッ素」

紅茶に含まれるフッ素の量は、緑茶の約3倍と言われています。フッ素は、熱湯で抽出されやすいため、他のお茶と比べて紅茶により多く含まれています。

歯の表面を強くするため、食後に飲む紅茶は虫歯の予防にも効果的です。

紅茶の効能⑤「カテキン」

カテキンは、抗酸化作用が強く、血中のコレステロールを下げることから、飲むと老化が防止されて美容効果があります。

また、濃く入れた紅茶でうがいをすると、風邪やインフルエンザの予防につながります。他にも食中毒の予防などに有効です。

紅茶の効能⑥「サポニン」

お茶全般に含まれている成分です。カテキンの作用を補うサポート役として注目されています。抗炎症、抗アレルギー、血圧効果作用などが確認されています。

紅茶の効能⑦「ビタミンB群」

紅茶には、エネルギーの代謝に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。紅茶が、疲労回復に有効な飲み物と言われるのは、このビタミンB群のおかげと言えます。

紅茶の効能⑧「カロテン」

抗酸化作用のあるカロテンですが、浸出された紅茶には含まれていません。茶葉をそのまま食べることのできるケーキなどに使うのがおすすめです。

紅茶の効能⑨「その他」

紅茶には、脂臭や皮膚の細菌を取り除く効果があると言われています。天然の入浴剤としてお風呂に入れると、デオドラント効果や美肌効果が期待できます。

3.紅茶の主な産地と茶葉の種類について

紅茶効能種類

紅茶は、世界30カ国以上の国々で生産されています。各地域の気候や土壌によって、特色豊かな茶葉が数多く生産されています。

ここでは、紅茶選びのヒントになる茶葉の種類と基礎知識、ポイントをまとめました。これをもとに、あなたにあった紅茶をぜひ見つけてください。

3-1 インド産の紅茶の種類について

インドは、1840年にアサムカンパニー設立以来、年間100万トンを超える茶葉を生産しています。世界3大紅茶の生産地としても有名です。

ダージリン


ダージリン地方は、世界的に有名な紅茶の産地でヒマラヤ山嶺の町。標高が高く、茶園の多くが急な斜面に位置しています。他の産地にはない高貴な香りの紅茶を産出しています。

その独特な香りは「紅茶のシャンパン」と呼ばれ、世界3大紅茶の1つとして世界中で愛されています。ストレートで飲むのがおすすめです。

アッサム


1823年頃、自生しているアッサムの茶樹が発見され、インドで最初に紅茶が栽培された地方です。高温多湿で、降雨量が多いことからインド全体の紅茶生産量の約半数を占めています。

アッサムの紅茶は、色が濃い赤褐色で、濃厚な味わいが特徴。ミルクティーとの相性がよく、セカンドフラッシュは、独自の甘い風味が漂う「モルティフレーバー」と呼ばれるものがあります。

ニルギリ

インド南側の丘陵地帯、ニルギリ高原の紅茶。ニルギリは、現地の言葉で「青い山」を意味していることから、紅茶のブルーマウンテンとも呼ばれています。

他のインド産紅茶と異なり、スリランカ産の紅茶に近く、くせのないマイルドな風味で気軽に楽しめます。ストレートでも、ミルクを加えても美味しくいただけます。

3-2 スリランカ産の紅茶の種類について

スリランカがイギリスから独立する以前の国名は、セイロン。その名残から、今でもセイロン紅茶と呼ばれることがあります。

ウバ

ウバは、世界3大紅茶の1つ。クウォリティーシーズンには、良質な香味の茶葉が生産されます。

ウバフレーバーと呼ばれる刺激的な爽快感を持つメンソール系の香りと、爽やかな渋味が特徴。奥行きのある豊かな味わいの紅茶です。

ディンブラ


ディンブラ地区は、スリランカの紅茶栽培面積が一番広いところです。コクのある優雅な香りと爽快な渋味を持つ、バランスのいいスタンダードな紅茶です。

紅茶種類