水戸の偕楽園を造った「徳川斉昭」とは、どんな人なのか?

徳川斉昭

アイキャッチ画像:https://ja.wikipedia.org/から引用

水戸で有名な歴史上の人物と言えば、水戸黄門こと徳川光圀の名前が真っ先に挙がるでしょうが、水戸の観光名所として名高い「偕楽園」「弘道館」を作った徳川斉昭も、ぜひ知っておいてほしい人物の一人です。

そこで今回の記事では、維新史を彩る大物として大河ドラマ『西郷どん』にも登場し、幕末期に多大な影響を及ぼした徳川斉昭についてご紹介します。

1.徳川斉昭の生涯はどんなだったの?幼少期から死に至るまで

徳川斉昭の生涯①「飼い殺し同然の幼少・青年時代」

水戸藩は徳川幕府を創った家康の十一男頼房を初代とし、将軍家に次ぐ高い地位を与えられていた御三家の一つです(後の二つは尾張藩と紀州藩)。

斉昭は水戸藩の第7代藩主・治紀(はるとし)の三男として、1800年に江戸で生まれました。

幼い頃から聡明で知られた斉昭は、藩の跡継ぎである長兄・斉脩(なりのぶ)に万一何かあった時のために、部屋住みとして実家に残されていました。

次兄と弟が養子縁組によって将来の居場所を確保していたのに対し、大人になっても飼い殺しの状況に置かれていたのです。

しかし、父・治紀の死去第8代藩主となっていた斉脩が、子供ができないまま30代で若くして病死。次の藩主をめぐってはゴタゴタもあったものの、斉脩の遺言が見つかったことで斉昭が第9代藩主となりました。

長兄に跡継ぎがいれば一生部屋住みで終わった可能性もあったので、ある意味強運の持ち主と言えるでしょう。

徳川斉昭の生涯②「改革に腕をふるった藩主時代」

藩主となった斉昭は、次々と藩政の改革に乗り出します。その一つが、全国一の規模を誇った学校「弘道館」の設立です。

教授陣には一級の人材を招き、下層藩士でも分け隔てなく門戸を開放。教科は歴史・天文・数学・音楽などの学問から、剣術・兵学・鉄砲・水泳などの武芸まで多岐にわたりました。

ユニークなのは卒業の制度を設けなかったこと。「学問は一生行うもの」との考えの下、「生涯学習」の概念をいち早く取り入れた斉昭の先見性がうかがえます。

そして外国からの侵略に危機感を持っていた斉昭は、追鳥狩(おいとりがり)と称する大規模な軍事訓練を行ったり、西洋近代兵器の国産化を推進しました。

幕府に北海道の開拓や大船建造の解禁を提案するなど、その言動は全国に影響を及ぼしました。

一方で領民に対しては「愛民専一」を掲げ、年貢の不公平感を減らすために200年ぶりの検地を行ったり、凶作の年には他藩から米を買い付け、稗蔵を開放して農村の救済に充てるなど善政に取り組みました。

しかし、寺社の釣鐘や仏像を没収して大砲を鋳造したり、無許可で砲撃訓練を行ったことで幕府ににらまれ、1844年には強制的に家督を長男に譲らされた上で、隠居と謹慎処分を命じられてしまったのです。

徳川斉昭の生涯③「幕末に風雲を呼んだ晩年とその死」

無理やり隠居させられた斉昭でしたが、彼の治世で恩恵を被った領民や身分の低い藩士たちから復権を願う声が根強く、おかげで2年後には謹慎が解かれ、1849年には正式に藩政への復帰がかないました。



徳川斉昭