徳川慶喜について簡単紹介!どんな人で何をしたのか3分まとめ

アイキャッチ画像:https://ja.wikipedia.org/から引用

徳川と言えば初代将軍の家康が有名ですが、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)を知っていますでしょうか。なかなか、徳川家はたくさんいるので、何をした人なのか、なかなか記憶に残らないですよね。

しかし、徳川慶喜は日本の歴史を大きく変える決断をした人なのです。記事では、徳川慶喜についてわかりやすくまとめて紹介します。

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)はどんな人なの?

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)は、江戸幕府最後の将軍として有名です。

1873年に江戸小石川にある水戸藩邸で誕生しました。徳川斉昭の7番目の子として生まれたのです。

徳川慶喜は「この子は賢い!」と幼少期から言われていたので、お偉いさん達も「将来この子を将軍にしたい」と考えている人も多かったのでしょう。

徳川慶喜は何をしたの?

日本に歴史に大きな影響を与えた決断をしました。

それは「大政奉還」。

大政奉還とは、政権を天皇に返すこと。

政治について、いままで徳川幕府が決めていたけれど、天皇にその実権を返すからあとはお願いします。ということです。

この決断がどのくらい凄い出来事なのかというと、徳川と言えば初代将軍の家康が有名ですが、約260年も続いた徳川幕府の時代が終わったのです。

なぜ大政奉還したの?

説明すると非常に長いので、ここでは簡単にご説明します。

この時代の日本は、【徳川幕府軍VS新政府軍】で争いが起こり、混沌としていた時代でした。