東京のおすすめ名物散歩コース、散歩デートのコースも徹底紹介

東京 散歩

東京は、世界でも有数の人口を誇る日本の首都であり、外国人観光客も増えより国際的な賑やかな都市になりました。

今回の記事では、東京のおすすめ名物散歩コースとデートコースを紹介しています。魅力的なスポットとショップなども記載しています。ぜひ参考にしてください。

1.東京の名物スポットを巡る!定番散歩コースを徹底紹介

1-1 東京の定番散歩コース「浅草」

浅草の散歩中に訪れるべき場所①「浅草寺」

浅草といえばまず訪れたいのが浅草観音こと浅草寺です。雷門をくぐり仲見世を通りしばらく行くと浅草寺の境内にいたり、いつでも多くの観光客でにぎわっています。

創建は飛鳥時代といわれ東京でももっとも古い寺院であり、戦災にも焼け残った国重要文化財の建造物や、歴史を語る石造遺物など見どころが満載です。

参道の「仲見世通り」や境内の「浅草神社」も人気スポット。

浅草の散歩中に訪れるべき場所②「浅草演芸ホール」

東京でもトップクラスの人気の演芸ホールです。もともとは「フランス座」というストリップ劇場でしたが、現在は落語をはじめ漫才や手品などの演芸が公演されています。

入場料は2,800円で1日楽しめ、予約はなく当日11時に販売。浅草ではほかにも、姉妹館の「東洋館」、「浅草公会堂」などでも演芸を楽しめます。

浅草の散歩中に訪れるべき場所③「ヨシカミ」

いつでも行列ができている、浅草きっての洋食の老舗。じっくると煮込んだルーを使ったビーフシチューやハンバーグ、とろとろのオムライスなど洋食を堪能できます。

ほかにも、そばの「吾妻橋 やぶそば」、ここでしか味わえない「駒形どぜう」、てんぷらの「まさる」、明治時代創業のバーの草分け「神谷バー」などが人気です。

浅草の散歩中に訪れるべき場所④「助六」

本当の江戸の伝統を伝える郷土玩具が買えると人気の店です。狭い店内には色鮮やかな江戸の玩具が並び、見ているだけでも楽しめます。

少しお値段は張りますが、長い歴史がはぐくんだ本物にしかない魅力は、浅草のお土産に最適です。

1-2 東京の定番散歩コース「新宿」

新宿の散歩中に訪れるべき場所①「歌舞伎町」

江戸時代は内藤新宿の一部でしたが、戦後に新宿一の繁華街として発展しました。

多くの飲み屋で賑わいますが、それだけでなくグルメや映画館、アミューズメント施設も多く昼も楽しめます。

新宿の散歩中に訪れるべき場所②「新宿御苑」

春の桜をはじめとした四季の景色が美しい名園。江戸時代は新宿を治めた高遠藩主・内藤家の屋敷でしたが、明治時代に皇室の公園となり戦後に一般開放されました。

広大な園内には和洋の様々な庭園があり、明治時代建築の旧洋館御休所は国重要文化財。

新宿の散歩中に訪れるべき場所③「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」

たえず目まぐるしく変わる新宿でいま人気のフランス料理。お値段はかなり張りますが、一度は食べたい贅沢なミシュラン三ツ星の東京店です。

ほかにも、定番の老舗のカレー屋「中村屋」、イタリアンの「オステリア・オリエーラ」、肉料理を堪能できる「チーズと和牛ビストロ きこりのお家」など人気店は多くあります。

夜は「ゴールデン街」や「思い出横丁」でちょっと一杯を楽しめます。

新宿の散歩中に訪れるべき場所④「パティシェリア」

新宿高島屋の地下にある、東京近辺の人気のパティシエが競演し100以上の洋菓子が並ぶ、人気のスーツのスポットです。

違う店の名品を同じ場所で購入できる、洋菓子好きにはたまらないお店です。

1-3 東京の定番散歩コース「築地」

築地の散歩中に訪れるべき場所①「築地市場」

正式名は「東京都中央卸売市場築地本場」といい、世界有数の卸売市場です。プロの買い出し人専用の場内市場は移転が決定しますが、場外は今後も残り毎日観光客で賑わっています。

午後は多くの店が閉まるので、なるべく午前中に行くのが賢明でしょう。

築地の散歩中に訪れるべき場所②「築地本願寺」

京都の西本願寺の東京別院であり、東京を代表する真宗寺院。

江戸時代の初めの創建で、関東大震災後の大正時代に建てられ戦災にも残った本堂は、和洋はじめ様々な建築様式を取り入れた珍しい建築物で、国重要文化財に指定されています。

開催される様々なイベントも人気です。

築地の散歩中に訪れるべき場所③「築地 すし一番 4丁目場外市場店」

多くのすし屋や海鮮食堂が並ぶ築地で、安くて美味いと人気のすし屋です。リーズナブルな値段で極上のマグロをはじめとした、新鮮かつボリュームのある寿司が堪能できます。

ほかの寿司で、老舗の「紀乃重 秀徳」、極上の寿司が自慢の「築地すし大 本館」「大和寿司」など多くの人気店が並びます。

丼物の「つきじ芳野 吉弥 」や「まぐろどんぶり瀬川」」もいつも満員の人気です。

築地の散歩中に訪れるべき場所④「築地魚河岸」

築地で今人気の、約60の小売店多くの店が入居した生鮮市場です。小田原橋棟と海幸橋棟の2つの建物に分かれ、1階は生鮮と青物の市場、3階はフードコートになっています。

営業は1階14時、3階15時までですが、小田原橋棟の3階「魚河岸食堂」は22時まで営業しています。



東京 散歩