自宅で歯を白くする方法を教えます!4つのおすすめ商品を紹介

デンタルケア

鏡を見る歯を見ると黄色く変色している気がする…新婚旅行や海外旅行などを控えているのであれば、お金をかけず、旅行前に歯を白くしたいですよね。少しでも口元が明るくなれば、笑顔を見せる事も多くなり、仕事もプライベートも楽しくなるでしょう。

歯に付着している汚れはステインと呼ばれており、食べ物や飲み物に含まれている成分が原因で歯に付着します。時間が経てば経つほど、汚れが落ちにくくなってしまいます。

今回の記事では、歯を白くするおすすめ方法を紹介させていただきます。好きな方法を選んでいただき、白い歯で旅行へ出かけてください。

1.自宅で歯を白くする4つのおすすめ方法

1-1 ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くする方法

歯の着色汚れを落として、歯を白くするホワイトニング専用の歯磨き粉があります。他の歯磨き粉と比べると、歯の表面を磨く研磨剤が多く含まれており着色汚れに効果的です。

しかし、研磨力が強い歯磨き粉でゴシゴシと歯を磨き過ぎると、エナメル質という歯の表面が削れてしまいます。研磨力が強いホワイトニング専用歯磨き粉で歯を白くした後は、フッ素を使ってコーティングすると良いでしょう。

スーパースマイル

出典 http://www.amazon.co.jp/

こちらのスーパースマイルは、全米で4000万本以上の売り上げ実績があります。アメリカは歯への意識が高く、白く綺麗な歯は「ステータスの象徴」とされているぐらいホワイトニングや矯正などに歯の白さと歯並びには熱心な国です。

4000万本以上実績があるのには理由があり、独自の成分であるカルプロックスが「歯を白くする」だけでなく、フッ素やカルシウムやマグネシウムが「歯の着色を守る」という効果も期待できます。

泡立ちを抑えた低発砲なので、歯磨きがしやすく、口臭予防にも効果があります。値段は1本(119g)で3000円程度です。

■スーパースマイルのメリット

歯を傷付けない
虫歯予防にもなる

■スーパースマイルのデメリット

費用が高い
白くなるかは個人差がある

1-2 電動歯ブラシで着色を落として歯を白くする方法

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

出典 http://www.amazon.co.jp/

ダイヤモンドクリーンは、特許技術の音波水流で歯垢も落とすことができます。虫歯予防や歯周病予防に効果が期待できるのはもちろんですが、ホワイトモードという着色を落とす機能が搭載されており、歯に付着したステインを除去する事が可能です。値段は23.000円程度です。

■電動歯ブラシのメリット

歯垢除去率が高い
歯ブラシよりもラクに汚れ落とせる

■電動歯ブラシのデメリット

費用が高い

電動歯ブラシを使う時の注意点

ホワイトニング専用歯磨き粉と一緒に使う事は出来ません。研磨剤が多く含まれている歯磨き粉が多いため、電動歯ブラシで磨いてしまうと、歯を傷付ける可能性があります。

■電動歯ブラシのおすすめ歯磨き粉

パックスジェルはみがき

出典 https://www.amazon.co.jp/

1-3 ホワイトニングペンで歯を白くする方法

ボディマジック ホワイトニングペン

出典 https://www.amazon.co.jp/

ホワイトニングペンは、ジェルに含まれている亜鉛素酸ナトリウムの効果で歯を白くする効果が期待できます。薬液を塗り汚れを浮かして落とすようなイメージです。

携帯できる点がメリットであり、休憩時間などでも気軽に使う事が出来ます。しかし、効果が短く1本当たり2500円程度なので、自宅用というよりは、外出時に持ち歩ける物として使用するのがおすすめです。

■ホワイトニングペンのメリット

持ち運びが出来る
好きな時に使える

■ホワイトニングペンのデメリット

効果が短い

1-4 ポリリン酸ナトリウムが歯を白くする方法

薬用 ポリリンジェル WX

出典 http://www.amazon.co.jp/

歯の外側と内側の両方に作用して、歯に付着したステインを除去します。さらに歯をコーティングすることにより、汚れがつきにくい歯になります。泡立ちが少ないので、電動歯ブラシとセットで使用することも出来ます。

最優先に歯を白くしたいのであれば、こちらの商品はおすすめできません。ゆっくりと着色を落としながら、汚れがつきにくい歯になるからです。値段は3000円程度になります。

■ポリリン酸ナトリウムのメリット

内側から歯を白くする
汚れがつきにくくなる

■ポリリン酸ナトリウムのデメリット

即効性がない
ドラッグストアで売ってない可能性が高い

デンタルケア