【国内】意外と知らない!素敵な風景が広がる穴場の観光名所

観光 穴場

実はあまり知られていない、おすすめの穴場観光スポットはないだろうかと思ってませんでしょうか。ガイドブックに大々的に取り上げられなくても、日本各地には素敵な風景が広がっている場所がたくさんあります。

今回の記事では、全国にある素敵な風景が広がっている穴場の観光スポットを厳選して紹介しています。ぜひ旅行前の観光地選びの参考にしてください。

1.風景好きは必見!全国にある穴場の観光スポット9選

穴場の観光スポット①「マイルドセブンの丘(北海道)」

北海道の美瑛(びえい)は、美しい景観が楽しめるエリアとして知られていますが、「マイルドセブンの丘」と言われる場所は、1970年代後半にたばこのマイルドセブンのCMが撮影されたり、マイルドセブンのパッケージに使用されたりして有名になりました。

「マイルドセブンの丘」にはいくつかのビューポイントがありますが、有名なのは斜面の上にカラマツ横一列に並んでいる場所です。

カラマツの列は周囲の新緑や花、そして小麦や雪とのコラボで一層その端正さが増し、1年を通して写真愛好家を惹きつけています。

詳細ページへ

穴場の観光スポット②「浦臼神社(北海道)」

北海道からもう1つ素敵な景色をご紹介します。「浦臼(うらうす)神社」は、札幌から電車で2時間余りのところにあります。紫色のカタクリや青色のエゾエンゴサクの植物が群生していて、5月にはパステルカラーの絨毯が広がります。

この花の中にエゾリスやキツネが姿を現すこともままあり、まるでおとぎの世界のようです。特にリスと遭遇できる確率が高く、それを目当てにたくさんのカメラマン達もやってきます。

詳細ページへ

穴場の観光スポット③「アスピーテライン(岩手県)」

「アスピーテライン」は、岩手県と秋田県を横断する山岳ロードです。全長は30km、「日本百名道」にも選ばれている道路で、ダイナミックな岩手山の眺望や四季折々の美しさを見せる樹海の中を走ります。

冬季は11月上旬から通行止めになり、ゴールデンウイーク前の4月中旬から下旬にかけて開通します。開通する時期は両側に雪の回廊ができており、富山の立山黒部にも負けない迫力です。

近くには雰囲気のある温泉地もたくさんあり、ドライブと一緒に楽しめます。アスピーテラインから近い岩手山の東北斜面には「焼走り」という溶岩でできた岩原があります。

国の特別天然記念物にも指定されているもので、形成時期が比較的新しく、土壌や植生があまり見られません。ごつごつとしたむき出しの黒い岩が一面に広がっている様子は、他ではあまり見られない光景です。

詳細ページへ

穴場の観光スポット④「井波(富山県)」

富山県の井波(いなみ)は「木彫りの町」です。町の中心である八日町通りを歩くと、そこかしこにある木彫りの作品が目をたのしませてくれます。

店の看板や表札、バス停や電話ボックスに至るまで見事な木彫りで装飾されているのです。職人が木を彫る音が聞こえる中、大小様々の木彫りを見て歩くだけでも楽しい町です。

井波の町の中心は瑞泉寺です。瑞泉寺は北陸有数の大伽藍を誇っていますが、何といっても目を驚かすのは境内の素晴らしい木彫りの彫刻群です。

象や鳳凰、バクなどの動物の彫刻もたくさんあり、動物探しをしながらの鑑賞もおすすめです。山門の龍は青い目をしています。

瑞泉寺の数ある彫刻の中で特に有名なのは「獅子の子落とし」です。寺の式台門にあり、井波彫刻の最高傑作と言われています。荘厳な太子堂、文化財を収めた宝物殿など、井波という小都市にこれほどの寺が、と思うような見どころの多い瑞泉寺です。

詳細ページへ

穴場の観光スポット⑤「大谷(栃木県)」

栃木県の大谷(おおや)は、古くから建材として人気の大谷石の産地として知られている町です。大谷石の採掘場跡に彫られた平和観音は高さ27mで、下から見上げるとその大きさが実感できます。観音像の胸の高さにある展望台からは町の景色が一望できます。

観光 穴場